息子への馬乗り以外も! 宮迫博之が岡村隆史を殴打しかけたワケ

宮迫博之

 宮迫博之の息子で、お笑い芸人として活動する藤井陸の明かしたエピソードが、ネットで波紋を広げている。事の発端は、さらば青春の光・東ブクロYouTubeチャンネルにゲスト出演した、宮迫の息子によるエピソードだった。

「藤井が出演した11月の動画では、父・宮迫との関係性について話題が及ぶと、3〜4年前に父親と喧嘩になった出来事を回顧。宮迫といえば一時期、不貞報道で世間を騒がせましたが、彼によると、ある日の喧嘩で『浮気したくせに!』と言い返したところ、激怒した宮迫から馬乗りの状態で殴られたそうです」(芸能記者)

 今回、息子の藤井はあくまで笑い話として披露したのだが、「スポーツニッポン」や「女性自身」など数々の大手メディアがこの話題を取り上げたため、ネットで物議を醸す事態となっている。

 そんな宮迫は過去、ナインティナイン・岡村隆史にもプライベートで馬乗りになったことがあるという。

「今年放送された『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて、岡村が“宮迫に過去、殺されかけた話”を告白し注目を集めました。岡村によると、ある飲食店にて、トイレに行くふりをして宮迫の頭を触るというイタズラを繰り返したことがあったそう。すると、宮迫は何回目かでガチギレし、岡村に馬乗りになって拳を振り上げたのだとか。しかし宮迫は、顔を殴るのはマズイと思ったようで、とっさに壁を殴ったとのこと。その威力は壁に穴が開くほどだったほか、宮迫の拳からも血が大量に流れていたことで、岡村は震えあがったそうです」(前出・芸能記者)

 とはいえ、岡村や息子と宮迫の関係はその後も悪化しておらず、深刻な出来事ではないと思われる。だが宮迫は、頭に血が上ると馬乗りになるクセがあるのかもしれない。

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

ジャンルで探す