感染再拡大の地域も 新型コロナ最新情報

吉岡聖恵は確信犯!?いきものがかり脱退の山下穂尊へのエールに「これはヤバい」

いきものかがり

「かなりブラックなエール」「本心で言ってるとは思えない」など、額面通りには受け取れないという印象を世間の人たちは持ったとか。

 6月2日、3人組の人気グループ「いきものがかり」から、今夏をめどにメンバーの山下穂尊が脱退することが発表された。今後は表舞台から離れ、作曲や執筆などの創作活動を中心にしていくとのこと。ケンカ別れでなければ、そんな山下に他のメンバーがそれぞれエールを送るのは当たり前。ボーカルの吉岡聖恵は「"山下穂尊がより山下穂尊らしく"より自由に生きていくための選択」とコメント、そして「ほっち、いつも穏やかな優しさで、いきものがかりを支えてきてくれて、本当にありがとう!」と感謝の言葉を綴ったのだけれど…。

「以前から山下さんにはグループを離れたいという意向があったようです。これまでも何度かメンバーで話し合いの機会を設けてきたそうで、この春にアルバムをリリースし、念願のツアーも実現できたことが節目となって、メンバーも山下の意思を尊重したということですが…。ファンの中には『事実上の解雇』と見る向きも少なくないようです。というのも山下さんは近年、グループのイメージを損なうスキャンダルがあまりに多かったからです」(エンタメ誌ライター)

 昨年1月にフライデーに報じられた"性的トラブル疑惑"に関しては山下サイドが完全否定したものの、その前年の2019年にも元交際相手から「複数の女性を食い物にしていました。残念ですが、私もそのうちの1人なのだと思います」と告発された文春砲の餌食になっている。さらに、その元交際相手に吉岡の悪口を言っていたという証言も掲載されたことでメンバー間の不仲説が浮上したり、山下の素行不良を注意したときには『あ、気にしないでよいよー。NHKが俺らのこと好きだから』と発言したというNHK軽視問題まで話題になるなど、とにかくトラブルメーカーのイメージが強いのが実情。

「あのNHK発言が明るみになった年の紅白歌合戦は落選。朝ドラの主題歌を歌ったグループにとって、大変な痛手だったはずです。ですから今回の脱退もグループとして望んだものではなかったのか、という憶測が多いんですね。でも、それ以上に世間がツッコんだのが吉岡さんが送ったエールについてだったんです」(前出・エンタメ誌ライター)

 山下に山下らしく、自由に生きていくための選択…と吉岡が送った言葉があまりにヤバいというツッコミが多いのだとか。「これ以上自由を与えたらダメでしょ!」「山下らしく生きたら女性問題が後を絶たないと思う」とスキャンダルを絡めたコメントや、「エールに見えてディスってる」「もう手に負えないという本音だよね」と深読みする意見まで様々。どちらにせよ、吉岡の言葉を額面どおりにエールだと受け取っている人が圧倒的に少ないことは間違いなさそう?

(塚田ちひろ)

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

ジャンルで探す