緊急事態宣言 首都圏1都3県の2週間延長が決定

酒飲みキャラが仇に!? 夏菜の結婚が祝福されない意外すぎる理由とは?

夏菜

「ざっくばらんとしたオープンな性格で、嫌みなところもない。結婚発表に関しても、事務所の先輩である矢田亜希子さん(42)や番組で共演した朝日奈央さん(26)がさっそく自身のSNSで祝福のメッセージを発表するなど、基本的には周囲の誰からも好かれるタイプなのですが……」(芸能ライター)

 1月16日、一般男性と結婚した女優の夏菜(31)に関する意外な情報が舞い込んできた。

「同時期に結婚を発表した河北麻友子さん(29)や板野友美さん(29)に比べて業界から祝福する声が少ないのではないかとの指摘があがっています。というのも、ごく一部の芸能人ですが、夏菜さんに対して、あまりいい印象を持っていないそうなんです」(芸能関係者)

 いったいなぜなのか。夏菜といえば、2011年に公開された映画「GANTZ」でヒロインを演じ、完璧なマッパボディを披露するなど体を張った演技が話題になった。

「この時の撮影裏話を自身のYouTubeチャンネルで語っているのですが、スゴイのなんの。マネージャーとお酒を飲みながら、ほろ酔いとなって、下ネタ全開。下の毛を処理して挑んだ撮影中、ほぼマッパで過ごしていたことを明かすなど、なかなか肝の据わった女優さんだと改めて認識させられました」(スポーツ紙芸能班デスク)

 この「GANTZ」公開の翌年には、NHK連続テレビ小説「純と愛」でヒロインに抜擢されて、一躍、国民的女優となった。酒飲みトークでファンを楽しませてきた一方で、“失敗エピソード”にも事欠かないようで……。

「とにかく気が強いというか、情緒不安定というか。朝ドラの現場でも一人イライラして、急に泣き出したり、前の晩に飲みすぎたのか遅刻してきたり……共演者やスタッフを困らせることもあったそうです。4年ほど前、バラエティに出演した際にも、『飲まなきゃやってられない』などと明かして、朝ドラ撮影時には現場でしょっちゅうキレていたことをマネージャーさんに暴露されていました。また、ドラマや映画の現場にはたいてい演技指導をする先生がいらっしゃるんです。この道ン十年のプロの方なので、大御所の俳優や女優さんも一目置いているんですね。ところが夏菜さんは、演技指導の先生から『ここはこうしたほうがいい』といった指摘を受けても、素直に従わないこともあったそう。そうした“悪評”もあって、距離を置きたがる女優さんも少なくないとか」(前出・芸能ライター)

 そんな夏菜にとって、この結婚は追い風と見るむきも少なくないという。

「人の妻となって一皮むける女優はたくさんいます。夏菜さんも家庭で愚痴を聞いてもらう相手ができたことで、多少は現場でも丸くなるのでは? もともと演技力には定評があったので、心の中で祝福のエールを送っている業界人は多いと思いますよ」(テレビ関係者)

 既婚者となった夏菜の新境地に期待したい。

(降矢公平)

ジャンルで探す