新型コロナ 最新の感染状況や対応は

LiSA、B'z松本孝弘からの楽曲提供も「聞いたときは“どの松本さん?”って全然信じていなかった(笑)」

ジョージ・ウィリアムズ、安田レイがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生放送番組「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」。5月22日(土)の放送は、LiSAさんが登場。ソロデビュー10周年のアニバーサリーイヤーを迎えての思いと、5月19日(水)にリリースしたミニアルバム『LADYBUG』について語ってくれました。


安田レイ、LiSAさん、ジョージ・ウィリアムズ


◆レコード大賞で走馬灯のように浮かんだ光景とは?
――今年ソロデビュー10周年。どんな場面が印象に残っていますか?

LiSA:去年「第62回 輝く!日本レコード大賞」(TBS系)に出させていただいて、大賞が発表される直前のドラムロールが鳴っているときに、今までのことが走馬灯のようにフラッシュバックして。そのときに思い浮かんだのが、(ファンやスタッフの)みんなと見てきた楽しくて素晴らしい景色ばかりだったんです。そのときに、“こういう幸せな瞬間って、よかった思い出や幸せだったときの場面がたくさん出てくるんだな”と実感しました。

――10周年を記念したミニアルバム『LADYBUG』がリリースされました。アルバムとしては7ヵ月程度の短い期間で制作されましたが、どういったアルバムになりましたか?

LiSA:10周年に向けて作ったアルバムではあったんですけど、どちらかというと“10年を経たからこその11年目”を思い描いていけるような、その先のLiSAと歩んでいく道がワクワクするようなアルバムを作りたい、と思って制作しました。

――制作期間中も、年末は多くの歌番組に出たり、シングルをリリースしたり、ものすごく忙しかったと思います。

LiSA:よく考えたら、おかしなスケジュールだなと思いますよね(笑)。去年の10月にフルアルバムとシングルを作って、(今年の)1月にシングルをもう1枚出させていただいた後のアルバムですから(笑)。

――今回のタイトル『LADYBUG』は、どのような意味が込められていますか?

LiSA:LADYBUGは“てんとう虫”という意味がありますので、“てん(10)”で“とう(10)”で“むし(6+4)”です。10周年ですので(笑)。

――どうやってこの言葉が出てきたのですか?

LiSA:これまで“L”から始まる(タイトルで)アルバムをリリースしていまして、(常に)Lから始まる言葉をためているんですよ。そのなかでも、LADYBUGという言葉が“てんとう虫”だということを知って、“10周年のときに取っておこう”と思って温めていました。

――どのくらい前から温めていたのですか?

LiSA:どのくらいでしょう……ただ、もう2年前ぐらいから10周年というのは意識して活動していました。

――8周年の段階で10周年のアルバムのタイトルは決まっていた? 早いですね。

LiSA:そうですね(笑)。アルバムのタイトルはずっと考えていましたね。

◆豪華アーティストが参加した『LADYBUG』
――今回のアルバムは、B'zの松本孝弘さん、ゆずの北川悠仁さん、女王蜂のアヴちゃんなど、豪華アーティストが楽曲提供しています。どういうやり取りがありましたか?

LiSA:素晴らしいアーティストのみなさんに制作していただくなかで、私がいる現状をそれぞれ受け入れていただいたうえで、“次にLiSAが進んでいくために何が必要か”を一緒に想像して作ってくださいました。

――ゆずの北川さんとは一緒に作詞をされたそうですね。一緒に制作していかがでしたか?

LiSA:悠仁さんはメロディと一緒に歌詞を書かれる方で。そのうえで私の気持ちを聞いてくださるというか、自分の気持ちを吸い上げたうえで、悠仁さんなりに作ってくださった言葉に、私の気持ちを重ねさせてもらうような感じでした。なので、プロデュースをしてもらっている感覚のほうが近い気がします。

◆随所にB'z松本孝弘を感じた「Another Great Day!!」
――「Another Great Day!!」は、B'zの松本さんが作曲、LiSAさんが作詞されています。このときはどういうやりとりがあったのですか?

LiSA:最初、松本さんが楽曲を提供してくださると聞いたときは“どの松本さんかなぁ?”って全然信じていなくて(笑)。楽曲をいただいたとき、サウンドやメロディのいたるところに“B'z・松本孝弘”をすごく感じて、そこで“本物の松本さんだ!”と信じました(笑)。

――歌詞はデモテープを聴いてから考えたのですか?

LiSA:そうですね。この曲は、映画「地獄の花園」の主題歌でもありましたので、映画の製作スタッフのみなさんと話をしながら、そして自分の10周年を重ねながら、(松本さんに)託していただいたハードでロックな楽曲にハードでロックな思いを乗せました。

【番組からのお知らせ&プレゼント】
本日5月29日(土)放送の「JA全農 COUNTDOWN JAPAN」は、FANTASTICS from EXILE TRIBEの澤本夏輝(さわもと・なつき)さん、瀬口黎弥(せぐち・れいや)さんがゲストに登場! そして、茨城の「イバラキング・クインシーセット」を3名様、または産地直送サイトやJAタウンで使える「JAタウンギフトカード(4,500円分)」を1名様にプレゼントします。番組Webサイトからご応募ください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年5月30日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JA全農 COUNTDOWN JAPAN
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週土曜 13:00~13:55
パーソナリティ:ジョージ・ウィリアムズ、安田レイ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/cdj/

ジャンルで探す