木村拓哉「“そうそう、これこれっ!”」濱田岳、乃木坂46 樋口日奈とドラマ「教場Ⅱ」のハードな現場を振り返る

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。12月のゲストは濱田岳さんと乃木坂46樋口日奈さん。12月6日(日)の放送では、新春放送のスペシャルドラマ「教場Ⅱ」(フジテレビ系:2021年1月3日(日)、4日(月)放送)で共演している3人が、今作の撮影現場について語りました。



◆しびれる感じが癖になる現場…!?
今作は、木村が警察学校の教官・風間公親役を演じたスペシャルドラマ「教場」の第2弾。風間教場200期の生徒として、濱田さんは鳥羽暢照役、樋口さんは坂根千亜季役を演じています。

木村と樋口さんは初共演。濱田さんとは、ドラマ「月の恋人~Moon Lovers~」をはじめ、ドラマ・映画「HERO」など6度目の共演になります。木村が「現場で何度も一緒に作業をしているから不思議な感じでしたよね」と話すと、濱田さんも「そうですね」とうなずきつつ、「(「HERO」では)俺、木村さんの頭を定規で“ペシペシ”って(叩くシーンがあって)……。めちゃめちゃ緊張したのを覚えていますもん(笑)」と振り返ります。

「教場Ⅱ」現場での濱田さんの様子について、木村は「現場で会うときも、『教官!』みたいな感じで、いつもの岳くんじゃなかったもん。(演じている役と同じように)ちゃんと“気をつけ”をして『おはようございます!』って言って。今回は、特別な関係性で作業がずっと続いていったな、っていう印象がすごくある」と語ります。

生徒役を演じる役者陣は、クランクイン前に警察官の所作などを会得するための厳しい訓練があったと言う樋口さん。「訓練のときは、みんなまったく話さなかったのですが、撮影が始まってからは、“こんなキャラだったんだ!?”っていうぐらい、みんなけっこう明るくて。(現場でも)気さくに話しかけてくれて、アドバイスもしやすかったです。現場に入ってからのほうが、お互いに言いやすくなりました」と振り返ります。

今作で監督・演出・プロデュースを手がける中江功さんについて木村は、「中江監督は妥協をしないし、日常のようなシーンでも細かく切り取ってくれるから撮影時間がかかる。200期のみんなは、どう思っていたのかなって。前作も今回みたいな作業の進み方だったから、僕はすごく興味があった」と言います。撮影は深夜に及ぶこともあったと言い、「そういう時間になってくると、“そうそう! これこれっ!”っていう感じでいたんだけど(笑)、みんなはどうだったのかな?」と問いかけます。

濱田さんは、10代のときに出演した映画「シュガー&スパイス ~風味絶佳~」で中江組の現場を体験済みとあって「僕も“これこれ!”って感じがしましたよ。思い出す感じというか。このしびれる感じが癖になるというか(笑)。“俺たち中江組でやっているぜ!”って思っちゃうタイプでしたね」と笑顔をのぞかせます。

樋口さんは、撮影初日の風間教場での長いシーンが印象に残っていると言い、「風間教官のセリフの一つひとつがグサグサきて、涙が出そうでしたもん。(教壇との距離が)1番近いから、自分でもわかんない感情まできていました。“どうしてこんなに涙がたまるんだろう?”みたいな(笑)」と回顧。その言葉に木村が「風間って、そんな存在だったの?」とあらためて問うと、「初めは怖かったです」と本音を漏らす樋口さん。

ちなみに、今作の生徒役には濱田さんと樋口さんのほか、上白石萌歌さん、福原遥さん、矢本悠馬さん、杉野遥亮さん、目黒蓮さん(Snow Man)、眞栄田郷敦さんなど錚々たる顔ぶれが名を連ねています。そんな面々で臨んだ最初のシーンをあらためて振り返った樋口さんは、「みんなで乗り越えるから、より(生徒役のみんなとの)“絆”は深まったなって思いますね」と語っていました。

次回12月13日(日)の放送も、引き続き濱田さんと樋口さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年12月14日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

ジャンルで探す