賞金500万円を獲得した教え子も!小中学生のIT学習をサポート「未踏ジュニア」の人材支援

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し、勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。3月15日(日)の放送では、一般社団法人未踏、「未踏ジュニア」代表の鵜飼佑さんが登場しました。


(左から)鵜飼佑さん、高須光聖


◆学校の掃除当番の振り分けを…
高須:「未踏ジュニア」ではどのようなことをされているのですか?

鵜飼:経済産業省は「未踏事業」というプログラムを実施しているのですが、そこでは、25歳以下の優秀なIT人材を支援しているんですね。「未踏ジュニア」では、私を含め「未踏事業」のOBとOGが、プログラミングができる小中学生を応援します。

エンジニアが、メンター(助言者)として、ボランティアで子どもたちをサポートします。開発資金の援助もおこなっておりまして、上限は50万円です。「面白いものを作って、世界を変えていこう」という信念で活動している団体です。

高須:スタートしたのはいつからですか?

鵜飼:2020年で活動5年目になりますね。年間15人ほどサポートしています。

高須:すごい人材は発掘されましたか?

鵜飼:そうですね。学校の掃除当番の振り分けをルーレットにして、LINE Bot(LINEの自動発言プログラム)に組み込んだ子がいまして。大人も参加する「LINE BOOT AWARDS 2018」というコンテストでグランプリに選ばれて、賞金500万円を獲得しました。

高須:すごいなぁ!

鵜飼:そういう子たちを数多く輩出できるように活動しています。

◆開発したソフトがダウンロード1位に
鵜飼:自分のバックグラウンドを活かして、教育の分野に貢献したいなと思って、就活ではマイクロソフトを選択しました。世界中でWindowsは使われていますからね。2013年の話です。

高須:いきなりアメリカに行ったのですか?

鵜飼:はじめの3年間は東京のチームに所属していて、世界中のチームと連携を取りながら、開発をおこなっていました。

高須:どんな開発をしていたのですか?

鵜飼:シアトル・ベオグラード・東京の3チームで、教育系の新規事業を立ち上げまして。そこではアプリ開発をおこなっていました。私はプログラムマネージャーとして、製品のアイデア、デザイン機能、ターゲット層を考える仕事をしていました。

高須:なるほど。3チームで共同開発をするのですか?

鵜飼:ケースバイケースですね。私が担当していた1年目は「Office Lens」というカメラのアプリを開発しました。プリントやホワイトボードの文字を撮影すると、Officeに文字が反映されるアプリです。

高須:すごいじゃないですか!

鵜飼:それは、ほぼ日本で開発しましたね。中国とシアトルの力も少し借りました。世界中のApple Storeで、アプリのダウンロード数が1位になりましたね。

◆修士号を取得するために…
高須:他にも、いろんな仕事をされているそうですね。

鵜飼:そうですね。「Minecraft」というゲームがあるのですが、そちらをプログラミング教育で使用できるバージョンを開発するために、アメリカに行っていました。プログラミング教育自体にも、元々興味はありましたね。

高須:やっぱり教育のほうに興味がありますか? 面白いゲームを作ったりしよう、みたいな気持ちはありませんか?

鵜飼:そういうことをしたいなって気持ちはあります。ですが、自分の強みが活きる分野は“教育”だろうなって思っていまして。「Minecraft」を通じてプログラミングを学べて、世界中の人に使ってもらえるのは楽しいです。それに、家系も教員が多いんですよ。弟は小学校の教員なんです。

高須:“教えることが好き”という気持ちが、体のなかにあるんでしょうね。

鵜飼:教育の分野で仕事をしたいなって思ったときに、海外の友達から「ちゃんと教育の学位を取っておかないと、外部の人が“遊んでいる”って思われるぞ」って言われたんですね。自分のバックグラウンドは、コンピューターサイエンスなので、やっぱりそうなのかな、って思いましたね。なので、マイクロソフトを2017年の夏に退職をして、修士号を取るためにロンドンへ留学しました。

高須:頭がいいんですね。

鵜飼:頭がいいとは思わないですが、ラッキーだと感じている部分はありまして。通っていた学校が一貫校だったのですが、勉強一色って雰囲気の環境じゃなかったんです。よくも悪くも(笑)。

高須:わかります。好きなことをいろいろやらせてくれるような学校だったんですね。

鵜飼:なので、勉強に対する“アレルギー”のようなものがないんです。そうなれたことが、ラッキーでしたね。

高須:そっかぁ。すごい。

次回3月22日(日)の放送も、引き続き鵜飼 佑さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年3月23日(月)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:空想メディア
放送日時:毎週日曜 25:00~25:29
パーソナリティ:高須光聖
番組公式Facebook:https://www.facebook.com/QUUSOOMEDIA/

ジャンルで探す