窪塚洋介、“角川春樹伝説”を体感!

映画『みをつくし料理帖』の完成披露試写会に、松本穂香さんら豪華キャストが登壇。
今回、監督の角川春樹さんと初仕事だった窪塚洋介さんが、監督の偉大さを肌で感じたことを明かしました。

この映画は、江戸の神田にある蕎麦処「つる家」の女性料理人、澪を描いた人情物語です。

窪塚洋介さんは、角川監督の偉大さについて、

「角川春樹さんといえば、僕にとっては、もはや龍とか、伝説上のグループに属しているぐらいの方なので」と話します。

「雨予報の日に(監督が)『今日はもう雨は降んねぇから』『神社に行って雲きりしたから今日は降んねぇ』と言ったらホントに降らなかったりとか…」と角川春樹監督が起こした奇跡を明かした窪塚さんは、

「(角川監督は)あ!もうやっぱり龍なんだなっていう」と感想を話しました。

映画『みをつくし料理帖』は、10月16日(金)より全国公開です。

ジャンルで探す