【TVクリップ】「モトカレマニア」新木優子 「女子として生き方にすごく共感」

ドラマ「モトカレマニア」主演の新木優子(酒巻俊介撮影)

 昨秋放送の「SUITS/スーツ」や今年新春の「トレース~科捜研の男~」など、数々のドラマで見かけた“顔”が、ついに主役となった。地上波ドラマでは初の主演作。元カレの斉藤真(マコチ)を忘れられず、うまく恋愛ができないままという、イタいけどカワイイ“イタカワ女子”の難波ユリカがその役だ。
 「女子として、その生き方にはすごく共感できるんです。(元カレへの)思いが残っていたり、振り切ろうとして頑張ったりする姿に、私だけでなく女子なら共感できる人は多いんじゃないかな」。もし、身近にユリカがいたら「引きずることがつらければ、諦めるようにアドバイスするかも。でもユリカはポジティブだから、納得いくまで応援するかもしれませんね」とも。
 今回の主演作は漫画原作のラブコメディー。これまではパラリーガルや科捜研法医研究員など、堅めの役が多かった。「コメディーだと役への向き合い方が変わるかと思ったけど、むしろ逆。より真面目に向き合わないと、コメディーは面白くならない」と気付き、今まで以上に役のことを考え、ひとつひとつを咀嚼(そしゃく)しながら演技に臨んでいるという。
 初共演となるマコチ役の高良(こうら)健吾は、初対面で手をすっと差し伸べ、「よろしく」とあいさつしてきたという。「非常に気さくな方で。撮影が進んでもその印象は変わらず、好きなことに対する熱量がすごい方とも気付かされました」と話す。現場は明るい雰囲気に包まれ、小手伸也(こて・しんや)など、共演経験者も多く、ほどよい緊張感こそありながら、楽しい収録や休憩時間を過ごしているという。
 ところで、自身で何かを引きずった経験を問うと、「作品を通して動物と共演したりすると、『今、何をしているのかな』と思い出すことはありますね」。以前にフジテレビの動画配信サービス「FOD」で配信されたオリジナルドラマ「ラブラブエイリアン」で主演した際に、CGで登場する宇宙人とも“共演”したが、「ドラマが終わってから寂しく感じた」と笑う。
 一方、最近は「入浴剤マニア」になっているとか。撮影が続き「リラックスできるのはお風呂の時間。その日の気分によって癒やされたい入浴剤がある」と話す。日々、入浴剤でリフレッシュして、イタカワ女子をどう見せてくれるのか、楽しみは尽きない。      (兼松康)
     ◇
 あらき・ゆうこ 平成5年生まれ。東京都出身。20年の映画「錨を投げろ」でヒロインの直美役として映画初出演。その後、テレビドラマやCMなど幅広く活躍。近年のドラマではフジテレビ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON~」、日本テレビ「トドメの接吻」、TBS「チア☆ダン」、映画では「あのコの、トリコ。」などに出演した。

ジャンルで探す