感染再拡大の地域も 新型コロナ最新情報

「ドクターX」の米倉涼子、二刀流の岡田結実、社長業覚悟の剛力彩芽… 退社続出‟オスカー辞め女優”たちの‟向かう先”

 大手芸能事務所を辞めたら数年間は干されて消える――そんな噂がまことしやかに囁かれたのは過去の話。男性アイドルの宝の山であるジャニーズ事務所や、お笑い芸人の総本山と言える吉本興業を辞める人気タレントが近年急増しています。そして、そういった芸能人たちも、テレビや映画で活躍し続けているのです。

【写真】この記事の写真を見る(2枚)

 “美の総合商社”と称され、売れっ子の女優や女性モデルを多数抱えていたオスカープロモーションも、会長の娘婿の方針によって社内の体制や空気がだいぶ変わったこという報道があり、退社ラッシュが続いていました。

10月から『ドクターX』の新シリーズが放送される米倉涼子さん ©getty

 2019年12月に忽那汐里さん。2020年3月に米倉涼子さん、岡田結実さん、ヨンアさん。2020年4月に長谷川潤さん。2020年8月に剛力彩芽さん、紫吹淳さん、福田沙紀さん、堀田茜さん。2020年10月に森泉さん。まだほかにもいますが、わずか1年弱の間に続々と人気タレントが退社していったのです。

 しかしジャニーズや吉本興業を辞めていった売れっ子たちと同様に、オスカー退社組も変わらぬ活躍を続けているタレントが多い印象です。そこで今回は、恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラーである筆者が、オスカー退社が衝撃的だった米倉涼子さん、岡田結実さん、剛力彩芽さん、3人の独立後の現在地を紹介・考察していきます。

独立後の米倉を救うのは“大門未知子”?
米倉涼子(45歳/2020年3月オスカー退社)

 1992年から約27年もオスカーに在籍し、医療ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』シリーズ(テレビ朝日系)などの主演で、稼ぎ頭となっていた米倉涼子さんが退社したのは2020年3月でした。

 退社後も「楽天モバイル」や「カナデル」のCMなどに出演し、今年10月からは高視聴率を連発していた『ドクターX』の第7シリーズが開始されることも発表。また、今年3月に『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)、4月に『しゃべくり007』(日本テレビ系)、5月には『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)と、各局のバラエティ番組へも積極的に出演していました。

「私、本当に粉々になっちゃうかもって」

 現在は個人事務所で自身が社長となっているため、『しゃべくり007』ではその苦労話を披露。

「せっかく自分がやるって決めたんだから全部見たい」

 と、設立当初は自身で仕事のメールチェックや撮影の写真チェックまで行っていたことを語っていました。その過程で視力が落ちたことやシワが増えたことを自虐的に明かし、

「私、本当に粉々になっちゃうかもって。いい経験でした」

 と独立直後を振り返るほど、社長業は過酷だったようです。

 一見すると複数のCMや連ドラ主演も決まり、さらにバラエティ番組からの需要も高いとなれば、大手事務所退社の影響がほとんどない無双状態のように思えます。

 しかし、米倉さん自身に非はないと思いますが、昨年放送されていた「楽天モバイル」のCMで、彼女が「日本のスマホ代は高すぎる!」などと大声で主張する演出が“うるさい”と、苦情が殺到してしまったそう。CMの放送回数も多かったため、より一層、不評を買ってしまったように思います。ただ、オスカーを退社してすぐの大仕事だっただけに、独立の出鼻をくじかれた印象はありました。

「私、失敗しないので」

 米倉さんがフリーランスの天才外科医・大門未知子を演じる『ドクターX』シリーズは、大門の「私、失敗しないので」という名セリフとともに人気が上昇していった高視聴率ドラマ。2012年に放送された第1シリーズの全話平均視聴率は19.1%、2013年放送の第2シリーズは、シリーズ最高の全話平均視聴率23.0%を記録し、2019年放送の第6シリーズも全話平均視聴率18.5%という高水準をマークしています。
(※視聴率はビデオリサーチ調べ/関東地区)

 ですが、米倉さんが役者としてイメージが固定されるのを嫌い、続編の出演に難色を示しているという報道が、さまざまなメディアから出ていたのです。そのため、『ドクターX』シリーズは事実上の終了と見る向きもあったものの、ここに来て新シリーズの制作が決定しました。

『ドクターX』第7シリーズは10月スタートにも関わらず、今年5月には番組公式サイトに早くも米倉さんが意気込みを語ったインタビューを掲載。そこで『ドクターX』が10年目に突入したことについて、米倉さんが次のように話した箇所がありました。

「まさか大門未知子という1人の女性の歴史が10年続くなんて…! 私の人生設計になかったことなので、ありがたい限りです」

 これは米倉さんの本心が零れ落ちた言葉のようにも思えます。個人事務所の社長業に忙殺された日々もあれば、CMで思いがけぬ酷評を受けた。オスカーを退社し新たなステージに立つ米倉さんを救ってくれるのは、劇中でもさまざまな患者を救ってきた“大門未知子”なのかもしれません。

秘めたポテンシャルでバラエティと女優業を両立するか
岡田結実(21歳/2020年3月オスカー退社)

 漫才コンビ・ますだおかだの岡田圭右さんの娘で、バラエティ対応力の高さで人気に火が付いた岡田結実さんも、米倉さんと同じく2020年3月でオスカーを退社。

 退社時点では19歳(現在は21歳)という若さだったことを考えると、オスカーを離れるという決断を下したことは、米倉さん以上に驚きをもって受け止められました。

 岡田さんは退社した直後の2020年4月、情報番組『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、オスカーから離れた理由をこう語っています。

「もちろんオスカーさんに感謝しているっていうのは大前提なんですけど、ちょっとした方向性の違いが話し合ったときにあって、これから何年かしたときにその道が大きくわかれることは少し悲しいなと思って」

 また、同年6月放送のバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、女優に専念したいから辞めたのかと尋ねられると、次のようなコメント。

「私は一言も“女優に専念したい”とは言っていなくて。役者もバラエティもどっちもやりたかったけど、“役者業に色がつく”って事務所に言われて。いつかバラエティを辞めさせられるんじゃないかなって」

 つまり、“女優に専念したいから”という噂はむしろ逆で、女優業だけでなくバラエティ番組も続けていきたいという気持ちが、退社の一因だったということのようです。

 当時16歳だった2016年10月からトークバラエティ番組『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系/2020年3月終了)のMCに抜擢されるなど、話術は高く評価されていたものの、実際のところあまり女優のイメージがなかった彼女。

 ですが、退社後の2020年11月には上川隆也さん主演の連続ドラマ『夜がどれほど暗くても』(WOWOW)に出演。続いて2021年1月には、深夜枠ながら連続ドラマ『江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~』(日本テレビ系)に主演するなど、女優業が活発化しています。

目標は色気のある女性

 その主演ドラマが始まった同年同月に朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)に出演したとき、新成人としての抱負を聞かれ、

「溢れんばかりの色気を出せるようになりたいです。プライベートとか共演者の方に“色気出てたね”とか、“ドキッとしちゃう”とか言われてみたい」
「20歳になったんだからちゃんと色気を作って、ちゃんと意中の人ができたらその人を色気で落としてみたいな」

 などと語っていました。

 岡田さんがテレビ番組によく出演するようになり、もう何年も経ちますが、まだ彼女は今年成人式を迎えたばかりの21歳。

 そう考えると、彼女の芸能人人生はまだまだこれから。特に女優業のポテンシャルは未知数ですから、硬軟さまざまな役を演じる未来もあります。松岡茉優さんや小池栄子さんのように、バラエティ番組でも活躍できる演技派女優として引っ張りだこになり、さらに飛躍する可能性もあるのではないでしょうか。

前澤氏と2度の破局で一皮むけ、社長業の覚悟も?
剛力彩芽(28歳/2020年8月オスカー退社)

 一時期は「ゴリ押し女優」のレッテルを貼られるほど、数多くのCMやドラマ・映画に出演していた剛力彩芽さんが退社したのは2020年8月。現在は自身が社長を務める個人事務所の所属となっています。

 2012年から起用されているドキュメンタリー系バラエティ番組『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)へのレギュラー出演は現在も続けているものの、近年は仕事よりもプライベートの報道で注目を集めることが多かったのは事実でしょう。

 2018年4月に「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作さんとの交際が報じられ、2019年秋に破局するものの、2020年春に復縁。しかし今年1月には再び破局したとのこと。

 今年5月にバラエティ番組『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演すると、笑顔で前澤氏との破局を認めつつ、再復縁については、

「もうないなぁ……。(週刊誌やネットニュースなどの報道で)あることないこと書かれているので」

 と完全否定していました。

 そんな彼女、ここ最近は女優業がまた舞い込み始めています。

 CS用に制作され、6月21日から地上波放送も決定している連続ドラマ『彼女のウラ世界』(フジテレビ系)に三浦貴大さんとダブル主演。こちらが約3年ぶりの連ドラ復帰作だそうです。また、5月公開の映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』には主要キャストとして出演するなど、女優業をリブートしています。

 5月に行われた『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』完成披露報告会では、作品への想いを尋ねられると次のように語っていました。

事務所経営の苦労「数字が苦手なので…」

「今ってもちろん、会いたい人と会えない時期でもあったりしますけど、ずっと一緒に長く同じ人と生活すると、ケンカが増えたりとか不満が増えたりとかする。そんななかで、(この作品を観ることで)大切な人を改めて大切にしたいと心があったかくなったり、優しくなってもらえたら嬉しいなと思います」

 前澤氏と別れてまだ数ヶ月ということで、意味深に聞こえてしまいますが、もしかしたら剛力さんはそれを計算していた可能性も否定はできません。

 同じく今年5月に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演した際には、

「思った以上に出費が多くて大変。特に数字が苦手なので今月これくらいだねって……」

 など、事務所経営の苦労を語っていた剛力さん。

 けれど実は、オスカー時代の後輩であった女優・吉本実憂さんが、今年5月、オスカーを辞めて剛力さんの個人事務所所属となったことが話題となっていました。今後は女優と経営者という二足の草鞋で進む覚悟はできているのかもしれません。

――米倉さん、岡田さん、剛力さん。三者三様ですが、大手事務所であるオスカーを退社後も自ら道を切り開き、邁進しているようです。

(堺屋 大地)

ジャンルで探す