「えみちゃんねる」終了 上沼恵美子が文春に告白「昨日、梶原くんからメールが」

 人気番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)の突然の終了が波紋を広げる上沼恵美子(65)。上沼が「週刊文春」の取材に応じ、番組終了について初めて語った。

【画像】「えみちゃんねる」終了。上沼恵美子のメッセージ

上沼恵美子 ©文藝春秋

――――改編期でもないのに、なぜ突然番組をやめたのか?

「うーん……改編期っておっしゃいますけどね、この番組、25年前の7月からやったんですよ。

 それで1000回でやめるって言ってた。ところが、視聴者のみなさんがもっと続けてくれって50回、56回を超えたんかな。で……ちょっと私もコロナで……やっぱ2メートル(離す)ソーシャルディスタンスですごいやりにくかった。観客はいない、ゲストは減る。もういろんな悪条件で、『申し訳ないです』と立ち上げてくださった(関西テレビの)常務にお話しまして。そしたら『このへんでお終いにしましょうか』って。申し訳ないんですけど、本当は9月まで務めないといけないんですが、もう7月が始まってるのと、自分でもエンジンをふかせないといけないんで、ソーシャルなんとかでやっていかないといけないのがつらくて、先々週の水曜日かな、(やめたいと)お話させていただいたんですよ。

 ものすごいやりづらい。主人が『前のえみちゃんねるの方がずっと面白いねん。話し合いみたいになってる』ってガツンと言われました。そうやんなぁ。距離感あるから『なんでやねん!』と言ってもここにおってくれないと。ちょっと2メートル離れといて、とも言えない。なんか構えちゃう。つらい。これはほんとに申し訳ないんです。(上沼対関テレではなくて)ご期待に添えなくて。

 これは言ったらいけないことかもしれないけど、番組側も、経費削減があるんだそうです。関テレにおった主人から、ゲストを東京から呼んだりして、普通の番組の経費3倍かかっていると聞きました。その常務の方も困っていらっしゃいました」

――カジサックさんとの件は?

「ええいやいや(手を振りながら否定)、もうカジサックちゃんとはねぇ…。昨日、梶原くんからメールもらいまして。 『元気にやってますか? 上沼さんのことずっと尊敬して参ります』っていただきました。ほんまに思ってるようなことと違いますの。関テレにも感謝してるの」

 7月30日(木)発売の「週刊文春」では、上沼の突然の降板に何があったのか、詳報する。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年8月6日号)

ジャンルで探す