『ちむどんどん』ニーニーこと賢秀に非難集中! “反省会”ハッシュタグは朝ドラの品質向上につながるか

 連続テレビ小説「ちむどんどん」(NHK)がたいへんなことになっている。月~金8時15分、地上波での放送が終わると、Twitterにたくさんの感想が投稿されるのだが、公式ハッシュタグである「#ちむどんどん」よりも批判タグである「#ちむどんどん反省会」の投稿数が多く、Twitterのトレンドにも後者の方がよく入る。こんなことは初めてではないだろうか。

【写真】この記事の写真を見る(8枚)

『ちむどんどん』(NHK公式サイトより)

 視聴者がセットで楽しんでいる生放送の「あさイチ」(NHK)の“朝ドラ受け”も日に日に苦しそうになっていき、ついに5月19日の放送では司会の3人のコメントはなく、「ニーニーのことは置いといて…」という批判をかわすようなテロップだけが出た。

「ニーニーがクズすぎて見ていられない」

 ニーニーというのは、ヒロインである比嘉家の次女・暢子(黒島結菜)の兄、賢秀(けんしゅう/竜星涼)のこと。賢秀には暢子のほかに、長女・良子(川口春奈)、三女・歌子(上白石萌歌)という妹もいる。父の賢三(大森南朋)亡き後、母の優子(仲間由紀恵)は苦労しっぱなしなのだが、賢秀は定職に就かないわ、地元で暴力事件を起こすわ、1972年、沖縄が日本に返還されるときには為替詐欺に見事引っかかるわと、褒めどころの見つからないドラ息子。

 反省会タグでは「ニーニーがクズすぎて見ていられない」「他人に迷惑をかけても謝ることのできない幼稚な男」「大人になっても(宇宙の力を使えるという)スーパーバンドをしているなんて、ありえん」などと集中砲火を浴びている。

 第5週で詐欺にあい、約1000ドルの借金を作って追い詰められたニーニーだが、東京でプロボクサーとなって一発逆転。ファイトマネー1666ドル分を実家に送金し借金を完済した。ところが、第6週、兄を頼って上京した暢子が知ったのは、賢秀が実家に送った金すらボクシングジムの仲間に借りたものだったという驚愕の事実。

 さらには暢子の下宿先である横浜市鶴見の飲食店でも勘定を踏み倒したことが判明し、暢子と再会した翌朝には妹の財布からお金を抜いて競馬場へ。ニーニーはまだまだ炎上案件になりそうだ。

 しかし、ヒロインの父や兄、夫がダメ男という設定は、今に始まったことではない。

二ー二ーだけじゃない、朝ドラ定番の“ダメ男”

 むしろ朝ドラの伝統とも言えるほどの定番で、前作「カムカムエヴリバディ」の初代ヒロイン安子(上白石萌音)の兄・算太(濱田岳)は人様の物を盗み、妹が貯めた金も持ち逃げするような男だったし、2代目ヒロインるい(深津絵里)の夫ジョー(オダギリジョー)も長年無職で、臨月の妻が大きいお腹をして回転焼きを焼いていたときさえも仕事を手伝っていなかった。「スカーレット」の父親・常治(北村一輝)や「おちょやん」の父親・テルヲ(トータス松本)だって、ひどかった。

 何より「ちむどんどん」と同じく沖縄を舞台にした「ちゅらさん」(2001年)を思い出してほしい。ヒロイン・恵里(国仲涼子)の兄・恵尚(ガレッジセールのゴリ)は、単なる思いつきでゆるキャラ「ゴーヤーマン」のグッズを生産して販売し、案の定まったく売れずに、家のお金をすっからかんにして沖縄から失踪した。父親・恵文(堺正章)も民宿を営んだりタクシー運転手になったりして仕事が長続きせず、頼りにならなかったではないか。

 Twitterの感想には、沖縄を舞台にした作品として「ニーニーのような長男像はとてもリアル」という声も上がっている。優子のように息子を甘やかす母親というのもありがちだそうだ。

 南国気質というか、本当にそういう地域性があるのかはわからないが、沖縄県発表の統計には、完全失業率が全国平均に比べて高く、特に若年層で働いていない人が比較的多く、さらに親と同居している若者にその傾向が強いというデータがある(*1)。ドラマの公式ガイドブック(『NHKテレビドラマ・ガイド 連続テレビ小説 ちむどんどん Part1』)では、沖縄県出身の黒島結菜が「家族の描写も沖縄そのものでびっくりしました」とも語っている。

 同ガイドブックによると、もともと比嘉家は「若草物語」のような四姉妹を想定していたが、脚本の羽原大介氏の提案により、長子を男に変更。羽原氏の実父を賢秀のキャラクターに反映したという。羽原氏の父は賢秀と同じく下に3人の妹がいる長男で、亡くなるまで家族に迷惑をかけ通しのやんちゃな男性だったとか。賢秀は1950年前後の生まれという設定だが、羽原氏の父は賢秀と近い年代だそうだ。

 つまり、ニーニーには実在のモデルがいて、ある程度リアルな設定らしいのだが、「憎めないトラブルメーカー」とされるその人間的魅力が地域や世代のギャップを超えて伝わってはいない。というか脚本や演出の意図が伝えられていない。

「#ちむどんどん反省会」タグでは「ニーニーが山口県阿武町の誤入金事件で逮捕された男性とかぶる」という声も。たしかに、自分のものではないのに手元に入った金をギャンブルに使ってしまうような人物は、コロナ禍と円安と物価高で多くの人の生活が苦しくなっている現在、笑って見てはいられない。

朝ドラ脚本が難しいワケ

 朝ドラ反省会のハッシュタグは、2015年度前期の「まれ」のときから目立ち始め、2016年度前期の「とと姉ちゃん」や2018年度前期「半分、青い。」の放送時もなかなかに盛り上がってしまっていた。傑作と言われた前作「カムカムエヴリバディ」のときでさえあった。そこでダメ出しされるのは、まず脚本家だ。

「ちむどんどん」の羽原氏は、2014年度後期にニッカウヰスキー創業者をモデルにした「マッサン」の脚本を書いており、そのときはここまでの批判は浴びていなかった。それは「夢に生きる不器用な日本男児」(制作発表時のPR文)である主人公に脚本家自身、惹かれるところがあり、リアリティを構築できたからではないだろうか。

 対して、「ちむどんどん」は羽原氏に依頼された段階で「沖縄出身のヒロインが料理店を開く」という設定が既に決まっていたという(公式ガイドブックより)。そこに羽原氏が仕事という枠を超えて思いを込められる何かがあったかは不明だ。作家性と言ってもいいその「何か」が半年間展開する朝ドラには不可欠で、主人公の暢子よりも、むしろ亡き父を投影した賢秀こそが主軸に据えたかった人物なのかもしれない。

 また、仲間由紀恵演じる優子は沖縄戦を経験したという設定で、深いトラウマを抱えている様子。今後、描かれる予定の優子と夫・賢三の過去こそが、沖縄の苦難の歴史を背負ったストーリーになり、そこでこそ映画『パッチギ!』『フラガール』などで昭和の人間群像をリアルに描き出した羽原氏の手腕が発揮されそうだ。

 朝ドラこと連続テレビ小説は、多くの脚本家にとって到達すべき目標であり、ステイタスでもあるが、それだけにリスクも大きい。民放の連続ドラマ換算すると毎週2話分、トータルで約48話分にも相当する分量を書くことになり、かなり綿密なプランニングと書き続ける気力が必要になる。

 以前、インタビューした脚本家は「同業者が書いた朝ドラを見ていると、今回はあまり興味がない分野のことを書いちゃったのかなと思うことがある。長いだけに馬脚が現れるので怖い」と話してくれた。

朝ドラ反省会タグの問題点

 反省会タグが存在するのも、「あまちゃん」の能年玲奈(のん)が語ったように「朝ドラはドラマの中の王様」だからだ。それだけ多くの人が見ているし、毎日の楽しみとして必要としているからこそ批判される。

 そもそも、エンターテイメントのクオリティを上げるためには、批評が不可欠だ。例えば、韓国の映画やドラマが世界で評価されヒットしているのも、韓国のエンタメの受け手が容赦ない批判をすることによってクリエイターの腕が鍛えられるからだと言われる。『パラサイト―半地下の家族―』が米アカデミー賞作品賞を獲得したとき、壇上でプロデューサーが「厳しい観客が韓国の映画を育ててくれた」と語ったのは有名な話だ。

 しかし、果たしてTwitterの朝ドラ反省会は正当な批評たりえているのだろうか。ほとんどの人が匿名アカウントで発信する感想は的を射たものも多いが、それがずらりと並ぶと典型的なエコーチェンバー現象を起こしてしまう。

つまり、ドラマを見てモヤモヤした人が反省会タグをのぞくと、不満が言語化されて我が意を得た気分になり、リツイートしたり「いいね!」を押したりする。それが繰り返されることによって「このドラマは叩いてヨシ」という空気が形成され、重箱の隅をつつくような粗探しが始まる。

「ヒロインがむかつく」「あの家族が好きになれない」と嫌悪、憎悪の感情を呼び起こし増幅し、次の段階として、出演者へのバッシングにまでなってしまう様をこれまでも見てきた。

 たかがドラマ、されどドラマ。感想は好きに言える世の中であるべきだが、否定のための否定になっていないか。反省会タグを使うときは、そこに意識的であってほしい。

 (*1)「沖縄県の雇用問題について」

 https://www.pref.okinawa.jp/site/kansa_i/documents/h23-hokatu-2.pdf

(小田 慶子)

ジャンルで探す