「ビール1日1ダース」チバユウスケさん天国へ…相次ぐ「酒豪アーティスト」の早すぎる死に集まる悲しみ

2000年、THE MICHELLE GUN ELEPHANT時代のチバユウスケさん(左から2人め)(写真・共同通信)

 

 元THEE MICHELLE GUN ELEPHANTで、The Birthdayのボーカル・チバユウスケさんが、11月26日、55歳で死去したことが分かった。12月5日に公式サイト、Instagramで報告された。

 

 チバさんは2023年4月に食道がんを公表し、休養していたが「かねてより回復に向けて懸命の治療を続けてまいりましたが、思い叶わず2023年11月26日に家族に見守られ穏やかに息を引き取りました。静かに見送りたいとのご意向により、親族とメンバーで葬儀を執り行いました」と報告された。

 

 

「チバさんは大のビール好きで知られ、缶ビールを1日1ダース飲んでいた時期があったほど。2021年のインタビューで『休肝日はあるの?』と聞かれ、『“やばいな”っていうときは3本だけ、みたいな』と答えるほどの酒豪でした。

 

 また『Rolling Stone Japan』のインタビュー中には、酔っ払って寝てしまい、スタッフが起こすと、開口一番『おかわり』と言ったエピソードでも知られています」(芸能ライター)

 

 このところ、音楽業界では名だたるアーティストが相次いで亡くなっており、その多くが、大の酒好きとして知られていた。

 

 10月19日には、BUCK-TICKのボーカル・櫻井敦司さん(享年57)が脳幹出血で死去。櫻井さんはX JAPANのYOSHIKIと飲んだ際に、付近にいた一般の女性客に酒がかかってしまい、櫻井さんが「連れがご迷惑をおかけして、申し訳なかったです」と、代わりに謝ったという酒の席での“神対応”伝説がある。

 

 BUCK-TICKはメンバー全員が酒好きで、2017年にはドラムのヤガミ・トールが日本酒「道樂夢(どらむ)」をプロデュースして発売。「BUCK-TICKコラボカフェ」では、メンバーが考案したオリジナルドリンクを提供され、櫻井さんが考えた「Cuba libre」もあった。

 

 また、X JAPANのベース・HEATHさんは、大腸ガンが判明し、10月29日に入院先の病院で55歳で亡くなった。HEATHさんもまた酒好きで、同じく酒豪であるYOSHIKIに対して「量は勝ってる」と豪語するほどだった。X JAPANの加入前には、二日酔いの状態でメンバーたちと一緒に演奏するセッションに参加。完璧に弾きこなして「じゃあ、結果は後日?」と帰ってしまったという“大物”エピソードもある。

 

 ほかにも、『愛は勝つ』が200万枚を超えるセールスを記録したKANさんは3月に「メッケル憩室がん」と診断されたことを公表し、治療に専念するも11月12日、61歳で亡くなった。KANさんも酒好きで、公式サイトのコラムに「最近の若いバンドはお酒飲まない連中が多いらしいですね。ロックじゃないですねぇ。私には全く意味が分かりません」と投稿。「ライブ終わって打ち上げでお酒飲ませてもらえなかったらいったい私はどうすればいいんでしょうか、全く考えられません」とつづっていた。

 

 酒好きアーティストたちの死去にSNSではさまざまな意見が寄せられた。

 

《チバユウスケ、酒とタバコを楽しくやり過ぎたなぁ。 あのしゃがれ声は酒とタバコのおかげでもあったけど、命との引き換えに手に入れた声だったのかな》

 

《チバユウスケさん BUCK-TICK櫻井さん ex Laputa akiさん 若い頃から不規則な生活で酒やタバコの影響もあったのかな… 残してくれた作品を大事に聴き続けます》

 

《マジかよ… チバまで… BUCK-TICK 櫻井さん、XのHEATH、オレの好きなバンドのメンバーが今年は若くして亡くなりすぎだよ。 天国でアベと酒飲んでるのかな ミッシェルは大好きなバンドでした。 ありがとう。チバ 安らかに》

 

「相次ぐアーティストの、早すぎる訃報を受けて、凛として時雨のドラマー・ピエール中野さんが11月8日にX(旧Twitter)で『世代問わずバンドマンのみなさんへ』としてメッセージを投稿していました。

 

『健康診断、人間ドックで身体の状態を数値化して、必要な対策(運動、食事、睡眠、栄養、飲酒量の調整など)していくのがおすすめです』と呼びかけていました」(音楽情報誌記者)

 

 もちろん、酒が原因のすべてではないが、定期的な健康診断は受けておいたほうがよさそうだ。

ジャンルで探す