千原ジュニアも舌を巻くサバンナ八木の“謙虚生活”楽屋帰りは「来たときより美しく」ピカピカに掃除

 

 千原ジュニアが、12月1日公開の自身のYouTubeチャンネルで、ゲストのサバンナ・八木真澄の生き様に驚いた。

 

 ジュニアは八木について「いま、いちばん吉本でノリにノった笑いを提供している」と紹介。現在、営業で引っ張りだこで八木は「あの手この手で盛り上げて、最後はギャー! ってなる」と、観客たちを大いに盛り上げて「吉本の“営業王”」とも呼ばれているという。

 

 また八木は、会場への移動手段で経費を削減。「どこでも在来線、路線バス」と明かし、自分で調べて乗り換えて行くという。八木は「社員さんがいちばんビビってたのが、僕、シャトルバスで帰ったんですよ」と無料送迎のバスに乗車して帰ったことだった。

 

 

 さらに、楽屋から帰る際にも、「来たときより、美しく」とピカピカにして帰るという。そんな八木の姿勢について、ジュニアは「『一流の大学出身の社員が、どこの馬の骨かわらない芸人が使った部屋を掃除して帰る。そんなことをするためにこの世界来たんちゃうやろ』って、(八木は掃除を)やるねんて」と代弁。

 

 八木は、社員が自分より年下の芸人の飲み散らかしたペットボトルなどを掃除するのに「絶対モヤモヤしますもんね。それはアカンなって」との気遣いもあって掃除をしているという。その話にジュニアは「なるほどな、ほんまやな。すごいわ。そりゃ社員が、みんな『八木さん、一緒に営業お願いします』ってなるわな」と驚いていた。

 

 八木の話に、YouTubeのコメント欄にはさまざまな声が書き込まれた。

 

《八木さん 人として尊敬にやまない。素晴らしい人格者。驕らず、昂らず、こんな謙虚な人に私もなりたい》

 

《八木は昔から発想が天才 人生の受け止め方、捉え方も天才やな》

 

《山は形を変え、川の深さも変わり、星も見えにくくなるばかりの今、八木だけは変わらぬ形で進化し続けていることに驚きと同時に感謝です》

 

「八木さんは今回の動画で、相方の高橋茂雄さんの出ている番組のイベントの前説も担当していることを話していました。

 

 ほかのコンビの場合は、抵抗がある芸人も多いものの『何も感じなくなった』と、感謝の気持ちから謙虚にやっているとのこと。

 

 さらに八木さんは、ファイナンシャルプランナーの2級まで取得していて、現在は1級取得を目指しており、将来はその方面の講演もできるように考えていることも話してました」(芸能ライター)

 

 周囲への気遣いを忘れず、ステージでは爆笑を巻き起こす八木はさらに営業仕事が増えていきそうだ。

ジャンルで探す