「覚醒剤持ってきて」私人逮捕系YouTuber「ガッツch」が「教唆」で逮捕「マッチポンプかよ」集まる批判

痴漢したと思われる男性(右)を取り押さえる今野容疑者(左)(YouTubeチャンネル「ガッツch」より)

 

「私人逮捕系YouTuber」の今野蓮(れん)容疑者と奥村路丈(みちたけ)容疑者が、11月20日、覚醒剤取締法違反(教唆)の疑いで逮捕された。

 

 同日配信の「朝日新聞デジタル」によると、両容疑者らは2023年8月、ネット掲示板で知り合った男性に対し、覚醒剤を一緒に使用したいという希望を伝え、東京都新宿区の路上に覚醒剤を持ってこさせた疑いが持たれている。

 

 

 男性は、実際に覚醒剤を購入し、所持したとして、現行犯逮捕。今野容疑者は、その様子を動画で撮影していたという。

 

 今野容疑者は「中島蓮」を名乗り、YouTubeで「ガッツch」を運営。「痴漢、盗撮という日本特有の社会問題」の撲滅を掲げ、電車や路上で違法行為を働いていると見られる人物を現場で取り押さえ、交番へ連行するまでの一部始終を撮影して、配信している。チャンネル登録者数は26万人を超える。

 

 これまでに投稿された動画では、怪しい人物に丁寧な口調で注意するものもあれば、抵抗する人物を持ち上げて運んだり、首を絞めて地面に倒したりするなど、強引に制止する場面もある。

 

 今回の逮捕報道を受け、SNSでは、容疑者の「自作自演」の行動に批判が集まっている。

 

《やってる事めちゃくちゃ過ぎる》

 

《事件捏造する私人逮捕YouTuber》

 

《マッチポンプかよ》

 

《痴漢撲滅より収益目当てなら もはやそれは正義とは言わない》

 

《私人逮捕系が「痴漢盗撮無くしたいだけ」と、言っているけど貴方達の動画も盗撮ですよね?》

 

《そんなに都合よく間違えずに私人逮捕なんか出来るわけないっつの》

 

 先日も、同じく私人逮捕系YouTuberの「煉獄コロアキ」こと杉田一明容疑者が、チケット転売にかかわったとして女性の顔にモザイクなどをかけず動画配信し、名誉棄損の容疑で逮捕された。民間人でも現行犯逮捕は可能だが、注目を浴びたいがために自ら事件を起こすようでは、逆に逮捕される側になっても文句は言えまい。

ジャンルで探す