ケンコバが語る“爆食モンスター”バナナマン日村 ともに過ごした正月休みで「大食いで有名な俺が倒れかけている」

 

 ケンドーコバヤシが、1月18日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)で、正月休みをハワイで一緒に過ごしたバナナマン・日村勇紀の「爆食モンスター」ぶりを語った。

 

 ケンコバは、ハワイの空港で日村に迎えてもらい、最初にチキンバーガーを食べた。次に、買い出しに行きスーパーで4万5000円分の食材を購入。

 

 

 それを調理して「鉄板、埋め尽くすぐらいのステーキを2枚食べて、お好み焼きを食べて、その後、バーベキュー。肉と野菜、いっぱい食べて。インターバルで焼きそば」と、食べまくった休日の様子を振り返った。

 

 ケンコバはとっくに満腹だったが「日村さんは『皆さん、休憩してください』って、カップワンタン食べてた」と、さらに爆食していたことを明かした。

 

 そのうえ、ケンコバは日村につき合って、おせち料理のお重、雑煮まで食べ、初日を乗り切ったときは「俺は生き残った」と思ったことを語っていた。

 

 ケンコバの明かした日村の爆食ぶりに、SNSではさまざまな意見が寄せられた。

 

《爆食神日村さんのお腹が底なしすぎて怖くなった》

 

《ケンコバさんの日村さん爆食報告すごすぎたw》

 

《まじで聞けば聞くほど、日村の体心配になってくるわ》

 

「ケンコバさんは番組内で日村さんのさらなる大食漢ぶりも報告していました。

 

 初日を終えての2日めには、日村さんは体調を崩して『1日、部屋で寝てます』と待機。ところが夜には『体調、戻ってきました』と、前日と同様にステーキ、焼きそば、お好み焼きなどを食べ、さらにアイスクリームも食べたそう。

 

 さらに、別の日にはカンニング竹山さんと合流して、トマホークステーキを食べたそうです。

 

 ところが、ケンコバさんによると『部屋、戻ったら、日村さん、機嫌悪くなってて。イライラしてて。机、ガッて蹴って“肉って何なんですかね。俺、肉食って、腹いっぱいになったことないんですよ”と怒り出したといいます。

 

 そこで、知人にご飯を炊いてもらって、レトルトカレーをかけて食べたとのことです。

 

 ケンコバさんはこのハワイ旅を終え、『大食いで有名な俺が倒れかけている』と言い、体重が4kg増えるなど、過酷だったことを話していました」(芸能ライター)

 

 妻・神田愛花の前では食事を制限しているという日村だが、タガが外れると、とんでもない“モンスター”と化してしまうのだ。

ジャンルで探す