“離婚騒動”の次は足の怪我 トラブル続きの坂口杏里がSNSで釈明も「ついていけない」ファンもお手上げ!

 

 格闘家でバー経営者の進一さんと、6月に結婚した坂口杏里。8月には進一さんとの“離婚騒動”も取りざたされていたが、9月5日にInstagramを更新。進一さんとの関係が修復していることを報告した。

 

 坂口は5日、《離婚騒動の件についてですが、私がptsdの病気を持ちながら怒鳴り狂って罵声をあびたり、物にあたる行動が恐怖なのと金銭のトラブルがあるにも関わらず、もうだめだ。と思い約1週間程の別居生活を取る形になりました。》と振り返った。

 

 

 坂口はかねてから、SNS上で進一さんに金銭トラブルがあることを語っていた。そのため、別居生活を始めた当初、坂口の頭の中は「離婚」という選択肢以外、考えられなかったという。そして、夫から離れて高円寺で働くようになった。

 

「坂口さんによれば、進一さんのお姉さんが高円寺のお店に離婚届を持ってきて、『離婚したいんだよね?』と繰り返し言われたそうです。さらに、進一さんのお店のオーナーに『ままごと夫婦』と呼ばれ、とても悔しい思いをしたとも綴っていました。つまり、離婚を望んでいたのは坂口さん夫婦の周囲だった、と主張したわけです」(芸能記者)

 

 離婚協議当日について、《その場に向かう時のタクシーの中で、『もう本当に終わってしまうんだ』とその時になってから夫と沢山笑い合った日が蘇り、必死に涙を堪える自分が居ました。ですが、離婚を拒んだのは夫も同じでした。それが凄く嬉しかったです…夫も夫で、夫の周りから離婚以外の選択は無いと追い込まれていたそうです。それでも夫は、私と夫婦で居ることを選んでくれました》と、関係修復の経緯を明らかにした。

 

「関係が修復できたのは何より、というのがファンの心情でしょうが、坂口さんには新たな“ニュース”がありました。

 

 9月3日、坂口さんはInstagramに担架で運ばれるような写真をアップし、小指の爪が全部なくなったと報告しました。足が腫れ、《心も足も痛い》とも綴っているのですが、これにはファンも『もうついていけない……』とお手上げのようです」(前出・芸能記者)

 

 こちらについても、坂口は5日の投稿で《最近投稿した私の怪我についてですが、お互いにお酒で酔っ払った状態で一緒に歩いている際に、二人でバランスを崩し私が転倒し、右足の指全体の皮膚が掠れて、小指の爪は全て剥がれ、足首全体まで打撲を負う怪我となりました。それもこれも、私と夫に寄る不注意です》と説明している。

 

 トラブル続きの坂口。そろそろファンを安心させてほしいところだが……。

ジャンルで探す