ヒカキン&はじめしゃちょーの稼ぎで贅沢三昧…UUUM・鎌田和樹社長が溺れる半同棲不倫!妻は第3子出産も「愛人宅は会社直近」

9月末日、沖縄旅行から戻った2人は、タクシーでA子さん宅へ向かった

 

 現在、日本のユーチューバー界でトップクラスのチャンネル登録者数を誇るのが、ヒカキンとはじめしゃちょーだ。このユーチューバー界のツートップが所属するのがUUUM株式会社。「セカイにコドモゴコロを」を経営理念に掲げる同社の代表取締役社長執行役員兼CEOを務めるのが鎌田和樹氏(37)だ。

 

 

 経営者として注目される鎌田氏だが、その “素行” が社内で問題視されているという。語るのは同社の関係者だ。

 

「鎌田氏は銀座のある有名クラブの元ママ・A子さんと親密な関係にあります。2人の出会いは、去年の5月ごろ。このクラブで働いていた彼女を、客の鎌田氏が熱心に口説いて関係が深まり、彼女はお店をやめました。最近は毎週のようにデートを重ね、半同棲のような状態です」

 

 鎌田氏とは、いったいどんな人物なのか――。2003年、19歳で大手通信会社の光通信に入社した鎌田氏はすぐに頭角を現わした。ソフトバンクショップを単月で100店舗出店するなどの功績を挙げたという。

 

 その後、ヒカキンと知り合ったことをきっかけに独立し、2013年に29歳でUUUMの前身となる会社を創業。「ユーチューバーをサポートする」というビジネスを開始した。

 

「UUUMはコロナ禍のなか、今年5月期の決算で売上高244億8800万円、経常利益は8億5500万円と絶好調。ヒカキンとはじめしゃちょーはもちろん、再生回数では両者を上回る東海オンエアや、“文春報道” で叩かれて逆に名前が売れた水溜りボンドなどの売れっ子ユーチューバーの活躍が、同社の業績を支えています」(経済ジャーナリスト)

 

 富と名声を手に入れた鎌田氏が、次に “情熱” を注いだのが銀座通いだった。

 

 10月某日、都内某所――。客は一日3組に限られる会員制の高級中華料理店で、A子さんと夕食を楽しむ鎌田氏の姿があった。この日、2人が舌鼓を打ったのは絶品のフカヒレスープなどが出るコース料理のほかに、店内に並ぶ数種類の高級ワイン。常連客が語る。

 

「芸能人もお忍びで多く通っていますが、ネットで検索してもメニューすら出てこない、路地裏の名店です」

 

 2時間ほどゆっくりと食事を楽しんだ鎌田氏とA子さんは、美食を堪能したのか、満面の笑みで店から出てきた。手は繋いでいないものの、肩が触れそうな距離で大通りへ出ると、タクシーに2人で乗り込んだ。

 

 その1カ月前となる9月下旬にも、2人は沖縄へ4泊5日でバカンスに出かけ、ゴルフや釣りを楽しんでいる。帰京後、羽田空港からタクシーに乗って戻って行ったのは、やはりA子さんのマンション。

 

 またその数日後には、茨城県のゴルフ場で一緒にラウンドを回る姿も本誌は目撃した。

 

 今年1月の「朝日新聞」のインタビューでは、コロナ禍での提言として「しっかりとした立場にいる人が共感を持てるような情報発信を」と話していた鎌田氏だが、緊急事態宣言中に、自身は県境を越えてのレジャーや、A子さんとの連夜の逢瀬を楽しんでいたというわけだ。

 

 自粛期間中の行動の是非はさておき、これが未婚の男女の仲なら問題はない。ところが鎌田社長は既婚者で、都内には妻と3人の子供が待つ家が別にある。末っ子は昨年生まれたばかりだという。

 

「鎌田氏の女性好きは有名で、A子さんとつき合う前にも複数の銀座の女性と関係を持っていました。接待ゴルフに、それらの愛人を同伴させることがあり、A子さんとの交際も、社員やクリエイターの間では周知の事実で眉をひそめられていますよ。

 

 奥さんとは離婚協議中だと聞いていますが、親権などで折り合いがつかず話し合いは平行線のようです」(前出・UUUM関係者)

 

 銀座のクラブ関係者によれば、「A子さんは2年ほど店に勤めていて、昨年3月にママになった。最近、急に店をやめてオーナーが激怒していた。客は鎌田氏のようなIT関係や不動産業界の人間が多かった」という。

 

 鎌田氏がA子さんと半同棲不倫を続けるマンションは、港区内の超一等地にそびえたつ。

 

「家賃を負担しているかまではわかりませんが、『俺がクラブをやめさせた以上、きちんと責任は持つ』と話していました」(前出・UUUM関係者)

 

 一見、振舞いは豪快に見えるが、意外にも仕事では小心者タイプだという。

 

「鎌田氏は、社員やクリエイターに対して直接物を言わず、いつもショートメールやスラックなどで連絡してくるんです」(前出・UUUM関係者)

 

 今回、本誌は事実関係を確認する質問状を送ったが、期日までに回答はなかった。

 

 ヒカキンお決まりの挨拶といえば「ブンブンハローユーチューブ」。自分たちが稼いだお金で不倫に溺れる鎌田社長に、ユーチューバーたちがプンプンにならなければいいけれど――。

 

(週刊FLASH 2021年11月2日号)

 

ジャンルで探す