コムドット 迷惑行為報道で批判殺到…“醜聞ゼロ” HIKAKINの株は上がり続ける

2017年、本誌が目撃したHIKAKINは、コンビニで質素に買い物を済ませていた

 

 9月14日、Twitterで「コムドット」がトレンド入り。きっかけは、本誌が報じた人気YouTuber・コムドットの “警察出動” 騒動だった。

 

 YouTubeチャンネル登録者数240万人(9月14日現在)を誇り、若い層を中心に今もっとも人気を集めるクリエイター集団・コムドット。

 

 

 9月6日22時ごろ、地や戸建てが並び、緊急事態宣言下で自粛ムードが漂う住宅街にある深夜のコンビニ。駐車場では、メンバーたちがほかの友人を交え、周囲に響き渡る大声で騒ぎ、けたたましい笑い声を爆発させていた。

 

 さらにコムドットは8日、9日と続けて、このコンビニの駐車場に姿を見せ、またもや大騒ぎ。9日の夜、騒音に耐えかねた住民が通報したようで、0時すぎごろ、警察官2人が現われ、彼らに職務質問をおこなった。

 

 コムドットに対して、SNS上では批判の声が相次いでいる。

 

《コンビニはたむろする場所ではありません。買い物したらすぐ帰ってください》

 

《HIKAKINが積み上げてきたYouTuberの品位を落とす行為だよね。迷惑系YouTuberと変わらないじゃん》

 

 本誌が連夜目撃したコムドットのかたわらには、先輩ユーチューバーであるHIKAKIN(32)が、コムドットのチャンネル登録者数100万人突破を祝して贈呈したという「1000万円のベンツ」があった。

 

「HIKAKINさんといえば、9月10日にチャンネル登録者数1000万人を突破した、文字通り “日本一のYouTuber”。過去にコムドットともコラボしていますが、HIKAKINさんは迷惑行為などで炎上したことは一度もない。

 

 老若男女問わず人気のコンテンツを生み出し続け、醜聞もいっさい流れないHIKAKINの “真面目さ” に改めて注目が集まっているんです」(エンタメ誌記者)

 

 じっさいにSNSでは、今回のコムドットとHIKAKINを比較するような声は多い。

 

《またHIKAKINさんの株が上がってしまったのか》

 

《確かにHIKAKINからベンツを贈呈されて、調子に乗ってしまったのかも。でも、そのHIKAKINは、調子に乗ったことは一度もないよね》

 

 9月5日、「『コムドットなら日本を獲れる』って心の底から確信しました」とTwitterに投稿していたリーダーのやまと。“日本一” は遠のいてしまったようだ。

ジャンルで探す