かまいたち山内、無人島ロケで「命の危機」呼吸の仕方がわからなくなる

 

 かまいたちの山内健司が、8月28日公開の自身のYouTubeチャンネルの動画で『人生で失敗した赤っ恥』を語った。

 

 山内は大阪時代、無人島にロケに行き、命の危機を感じたという。

 

 無人島でものすごい突風に見舞われ、「島から一回帰りましょう」となったものの、波が荒れ、船も近づけないほどだった。

 

 

 体も濡れて、着替えがないか女性ADに聞くも、ないと言われ、「俺、ちょっと不機嫌な態度がもう出てもうて」と明かす。

 

 仕方なく私服に戻るが、それもすぐにビショビショになってしまった。「濡れたらアカンっていう機材まで濡れて、それを見たとき、『本当に命の危機にさらされているのかも』」と呼吸できなくなったという。

 

 ADにキレた後、普通ではいられなくなった恥ずかしさもあり、山内は「パニックになって呼吸できなくなってる。命の危機に瀕したら、呼吸の仕方がわからなくなる」と過呼吸になった。

 

 濱家隆一も「あれは焦るよ。遭難やから」と振り返っていた。

 

 山内のエピソードにYouTubeのコメント欄にはさまざまな声が書き込まれた。

 

《無人島パニック まじで涙出して笑った!!》
《無人島の本人による再現で声出して笑いました》
《ほんとに毎回思うけど、相方が誰より一番笑ってくれるってなんて良いコンビなんや》

 

「今回の動画で山内さんは、恥をかいた『並んでたんだ事件』も明かしていました。

 

 スターバックスに行き、一人で家族のぶんの注文を終えると、直後に少し離れた場所にいる妻から、たしなめられるようなジェスチャーをされたそう。

 

 実は、『めちゃくちゃ並んでた』と、周囲に注文待ちの人が多くいたのに気づかずオーダーしてしまい、『とんでもないことしてもうた、ってめっちゃ恥ずかしくて』と悔やんでいました」(芸能ライター)

 

 恥をかいた話も笑いになるのが、芸人ならではだ。

ジャンルで探す