陣内智則「肩身の狭い思いに…」SNS時代にヒヤリ

ABC「新世代SNSスターアワード NEXT ~あなたもテレビで活躍しませんか?~」の収録に参加した、左からヒロド歩美ABCアナウンサー、陣内智則、西川きよし

ABCのオーディション特番「新世代SNSスターアワード NEXT ~あなたもテレビで活躍しませんか?~」(30日午後11時30分放送、関西ローカル)の収録が17日、同局で行われた。

ABCとよしもとクリエイティブ・エージェンシーが協力し、SNSアプリなどの動画投稿やライブ配信で活躍するSNSスターの中から、新たな才能や優れた個性を持つ人を見つけ出す「新世代SNSスター」発掘番組。事前に行われた各アプリ内コンテストの優秀者が番組内の決勝戦に進出し、グランプリを目指す。グランプリには賞金50万円が贈呈され、ABCとよしもとがタレント活動をサポート。希望すれば、よしもとに所属も可能となる。 決勝戦に進んだのは野村翔一郎さん(17Live)あすてぃんさん(LiveMe)みくりんさん(SHOWROOM)ケイリーさん(TikTok)みみたろうさん(YouTube)の5組。特別審査員長の西川きよし(72)や「NEXT発掘サポーター」のマーク・パンサー(49)らがパフォーマンスの審査を行い、グランプリが決定した。

収録後、MCを務めた陣内智則(45)と進行アシスタントのヒロド歩美同局アナウンサー(27)、西川が取材に応じた。

陣内はSNSでのオーディション番組に「新しい時代の予感が来た」と感心。番組で初めてTikTokに挑戦した西川は、数々のアプリに「目からうろこですね」と驚き、ヒロドは「携帯1つで一般の方がアイドルやスターになれる可能性があるって考えたら、すごいなと感じました」と、収録を振り返った。

SNSの躍進に「うれしさもあり、(芸人として)ちょっと怖さも出てきた」という陣内。報道陣から、昨年末に生まれた愛娘がユーチューバーをやりたいと言ったら? と問われると「やらすんじゃないですか」。子どもの「将来なりたいランキング」などでもユーチューバーが芸人より上位に来ていると話し「芸人は絶対にダメ」と笑わせた。

現在では、キングコング梶原雄太が「カジサック」としてユーチューバー活動を行うなど、芸人でもSNSを多彩に活用している。陣内はSNSの普及に「刺激どころか、肩身の狭い思いに今後、なってくるんじゃないかと思う」と、危機感も明かし「もっとテレビを頑張らないと」と、気合を入れ直していた。

ジャンルで探す