AKB向井地美音「不安以上のうれしさ」総監督指名

AKB48向井地美音(18年9月12日撮影)

AKB48の次期総監督に指名された向井地美音(20)が、「いろんな感情がこみ上げています」と胸中を語った。

8日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた13周年特別記念公演で、現48グループ総監督の横山由依(26)が退任することを発表し、向井地を次期総監督に指名した。

向井地は、AKB48に関する知識を問うセンター試験で全グループ1位、ファンを含めた全体でも2位に輝いた実力の持ち主。「翼はいらない」で初のセンターを務めた。48グループへの愛は人一倍強く、6月の選抜総選挙でも「私はいつの日にか、AKBの総監督になりたいです」と宣言していた。

公演終了後に更新したツイッターで「総選挙で言ったことがまさかこんなに早く現実になるなんて、今は驚きと不安とそれ以上の嬉しさと、いろんな感情がこみ上げています」と向井地。「大好きなこのグループを守れるように、そして長い歴史の続きを皆さんにお見せできるように精一杯頑張ります、、!」と意気込みをつづった。

ジャンルで探す