芸能

紀香&愛之助記事に怯える東山紀之「ビクっとする」

テレビ朝日系ドラマ「刑事7人」夏祭りイベントに臨む北大路欣也(撮影・小沢裕)

 東山紀之(50)が13日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われた放送中のテレビ朝日系主演ドラマ「刑事7人」(水曜午後9時)の夏祭りイベントに出席した。

 この日は、東山、高嶋政宏、片岡愛之助、倉科カナ、塚本高史、吉田鋼太郎、北大路欣也の、劇中で事件を解決に導くスペシャリストを演じる7人が登場。主要キャスト7人がそろうのは、15年のシーズン1以来という。東山は「雨の中ようこそお越しくださいました。『刑事7人』というタイトルですが、こうして7人がそろうっていうのは、奇跡に近いので、皆さんにはその証言者になっていただけると思っています。今まさに最終回を撮っていて、盛り上がっています。今日はぜひ楽しんで帰ってください」とあいさつした。

 東山がステージに上がると、大歓声を浴びた。「久しぶりに、黄色い声援を聞きましたね。まだまだいけるな、と思いました」と笑った。「こうなったら、7人で『ミュージックステーション』出たいな。曲は、『刑事7人』のテーマソングで」と提案すると、塚本から「それ、(曲がインストゥルメンタルなので)『ダダダーン』しか言わないじゃないですか」と突っ込まれていた。

 紅一点の倉科はモテモテだった。吉田から「毎日現場に行って、カナちゃんに『どうしてそんなにかわいいんだ』って言うところからスタートしています」と明かされ、「鋼太郎さんは『カナ、今日もかわいいね』って言ってくださるので、私の潤いなんです」と笑顔。さらに北大路からも「僕だって、心の中で、いつもきれいだなっていつも思っているんだだからね。鋼太郎さんだけじゃないからね」とアピールされ、恐縮していた。

 キャスト同士でプライベートな質問も飛んだ。吉田から、「藤原紀香さんとはどうなんですか。けんかとかしないんですか」と聞かれた愛之助は、「けんかはしないですね~」と答えた。さらに「なんて呼んでいるんですか」と聞かれ、「下の名前で、紀香、と」と照れ笑いした。愛之助が「東山さんはどうですか?」と水を向けると、東山は「奥さん、って呼びますね。うちの奥さんです」と返答。さらに「愛之助さんの記事(新聞などに)が出ていると、『紀香』『愛之助』って(見出しが)書いてあって、『紀』『之』って並んであるから、ビクっとするんですよ。何かやったかな、って」と話し、笑いを誘っていた。

 イベント終盤には、ステージに登場した子どもたちに向かって、東山は「ユーたち、どこから来たの?」と質問した。塚本から「ジャニー(喜多川)さんじゃないですか!」と突っ込まれ、笑顔で子どもとふれあっていた。