沖縄への緊急事態宣言 7月11日まで延長

渡辺謙「福島の力をこのブロンズに届けていただけた」 日本アカデミー賞・最優秀助演男優賞

受賞のスピーチを行った渡辺謙(©日本アカデミー賞協会)

「第44回日本アカデミー賞」の授賞式が19日に都内で開催され、最優秀助演男優賞は、映画「Fukushima 50」の渡辺謙(61)が受賞した。

 同作は、東日本大震災で発生した福島第一原発事故の現場で奮闘した作業員らの姿を描いた作品。渡辺は、当時福島第一原発所長だった吉田昌郎(まさお)氏を演じた。

 実在した人物を演じたことに、渡辺は「クランクインの時に100人くらいのエキストラがいて、ひと言だけ言わせていただいた。いま現在、福島の原発事故で苦しんでいる方もいらっしゃるし、そのことで命を落とされた方もいる。背負いきれないにしても、僕たちはそういう思いをこの映画にぶつけていこうという思いでやった。なかなか厳しい現場だった」と振り返った。

 受賞発表を受け、渡辺は真剣な表情で拍手。最優秀賞ブロンズを受け取ると「今年は参加することに意義があると思う。福島の力をこのブロンズに届けていただけたのでは。これは、どこか飾っていただけるところに寄贈したいと思う」と語った。

ジャンルで探す