緊急事態宣言 首都圏1都3県の2週間延長が決定

小猪木 コロナ陽性を公表「感染予防を徹底しながら残念でなりません」

アントキの猪木㊧とアントニオ小猪木

 西口プロレスのエース・アントニオ小猪木(49)が1日、公式ブログを更新。新型コロナウイルス陽性となったことを報告した。

 小猪木は「発熱があったため2020年11月28日、新型コロナウイルスのPCR検査を受けたところ、〝陽性〟と診断されました」と告白。「症状は発熱のみ(最高時体温39.3℃)で喉の痛み、くしゃみ、咳、鼻水、鼻詰まり、呼吸困難、味覚障害、嗅覚障害などは全くありません」と無症状だという。

「日頃から感染予防の意識と徹底をしながらもこのような結果は残念でなりません。食欲もあります。美味しく食べてます。諸々、保健所の指示に従い、今後ホテルに入っての安静の予定です。ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんが、ご報告とさせて頂きます。一日も早い回復に努めていきたいと思います」と伝えた。

 西口プロレスは、本拠地の新宿FACEが〝夜の街〟歌舞伎町のド真ん中に位置するため、2月から興行を控えてきた。蛾野正洋(33)のコロナ陽性を乗り越え、先月24日に再開したばかりだったが、現在、濃厚接触者を特定中。22日に行われる12月大会に影響が出ないか心配される。

「いのきんトリオ」の盟友・アントキの猪木(47)は、6月に抗体検査で陽性だったことを公表している。無症状ながら過去に感染していた証拠で、「全く気付かなかった」と振り返っている。

 小猪木は先月19日、ベストボディ・ジャパンプロレスの興行に出場。24日には西口プロレスの大会に出場している。いずれもFACEで行われた。

ジャンルで探す