〝女帝〟上沼恵美子がさらなる窮地に! 命運握るスポンサーとキンコン梶原

〝女帝〟上沼恵美子

 〝上方の女帝〟こと上沼恵美子(65)が絶体絶命のピンチに見舞われている。

 発端は上沼が25年続けてきたバラエティー番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)の自主降板騒動だ。同番組は1995年にスタートし、放送回数も1056回に上る同局を代表する名物番組。それが何の前触れもなしに、7月24日の放送をもって番組終了が告知されたのだ。

「今回の『えみちゃんねる』打ち切り騒動は『キングコング』梶原雄太さんに対する上沼さんの〝パワハラ問題〟が影響したといわれていますが、関テレサイドは付き合いのあるスポンサーに対して、何の説明もしないままで終わってしまったそうです」と制作会社関係者。

 当の上沼は焼き肉を振る舞ったスタッフから感謝されていないと週刊誌に報じられ、ラジオ番組で「寝室でベッドにうずくまり泣いてる」など、弱気発言が出ることもあるが、レギュラー番組は健在。いまだ関西では人気も高い。「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」(朝日放送)、「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)などのレギュラーを抱えている。

 ただ、水面下では〝女帝〟の座が揺らぎかねない異変が生じているという。

「スポンサーですよ。7月の騒動からですが、たびたび、『上沼は大丈夫か?』との探りが入るようになった。やっぱりスポンサーとしては突然、番組が終わってしまうのも困りますが、パワハラが発端と言われているのも気になるようです。もちろん、まだ番組が終わるというところまではいってませんがね…」(広告代理店幹部)

 世論を左右しかねないのが、ユーチューバーの梶原だという。

「彼には200万人のファンがついている。今回のパワハラ騒動はどう見ても上沼に分は悪いです。ネット民が上沼攻撃をするなんてことがあれば、大きく流れが変わるでしょう」(同)

 関西の女帝も、いよいよ終焉を迎える時が近づいているのかもしれない。

ジャンルで探す