「巫女48」誕生する⁉ AKB48「ハニハモ」と神田明神が御利益タッグ

AKB48が誇る癒やし系ユニット「HONEY HARMONY」

 アイドルグループ「AKB48」が、東京・千代田区にある都内屈指のパワースポット「神田明神(神田神社)」と“御利益タッグ”を結成だ。同グループが誇る5人組癒やし系ユニット「HONEY HARMONY」(ハニーハーモニー、通称ハニハモ)が、18日から22日まで神田明神でスペシャル公演を開催。AKB48グループは毎年、同所で成人式を行ってきただけに、今回をきっかけに“美子48(巫女48)”が誕生する可能性も浮上している。

 江戸の三大祭り「神田祭」でも知られる神田明神。恋愛運や仕事運、健康、学業成就などさまざまな御利益があるといわれる人気パワースポットだ。東京・秋葉原にあるAKB48劇場からも徒歩7分の距離。前田敦子、大島優子ら“神7メンバー”も同所で成人式を行っており、今年も姉妹グループを含めたAKB48グループの新成人メンバー42人が参加した。

 そんな縁の深い場所に建設された「神田明神文化交流館 地下1階・EDOCCO STUDIO」で、AKB48が誇る癒やし系ユニット・ハニハモの稲垣香織(22)、岩立沙穂(25)、清水麻璃亜(22)、長友彩海(19)、福岡聖菜(20)が18日から5日間、配信限定ライブに加えて全16公演に及ぶスペシャル公演を行うことになった。

 ライブやイベントなどすべての公演の内容が異なり「ハニハモは料理やアクセサリー作りなどが得意で、家庭的な雰囲気を持つメンバーで構成されており、癒やされること間違いないです」とAKB関係者も自信の弁だ。

 さらに、今回の神田明神とのタッグで、ファンにとっては思わぬ“御利益”がありそうだ。

「今は多様化の時代だと思いますので、アイドルが巫女をやるのも“アリ”ですよね。世の中的に、副業もだいぶ認められてきましたから…」(前同)

 今後は、推しメンが巫女としても働き、ファンが御利益グッズを購入できるような、コラボレーションも十分ありうるというわけだ。

 別のAKB関係者によれば、まだ何も決まっていないようだが、水面下では“巫女48構想”が練られているという。

「コロナ禍が収まれば、またたくさんの海外の方が日本を訪れるはず。巫女さんは海外の旅行者にとっても日本の文化を感じられるようで、写真を撮る方も多い。メンバーが“巫女48”としてライブをすれば、ファンだけでなく、さまざまな層が楽しめるのではないか」(前同)

 すでに関係者の中には「巫女48」ではなく、「美子(みこ)48」の名前を推す声も。どちらにしろ、多数の海外姉妹グループを抱えるAKBらしい多彩な展開が期待できそうだ。

ジャンルで探す