闇交際・宮迫「引退」に大混乱 「金塊強奪犯とギャラ飲み」発覚

絶体絶命の宮迫

 反社会的勢力の会合に出席した“闇営業”問題で謹慎中の「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)が、芸能界を引退する意向を所属する吉本興業に伝えたことが19日分かった。同日発売の写真誌「フライデー」に、金塊強奪犯と一緒の写真が掲載されたことを受けての判断とみられる。引退情報は18日から業界を駆け巡っていた。一連の闇営業問題ではウソ釈明が発覚するなど立場が悪くなる一方だった宮迫にとって、「引退」しか選択肢はなかったようだ。

 まさにダメ押しだ。

宮迫博之 半グレ金塊強奪犯と『ギャラ飲み』現場写真」と報じた同誌の記事によると、宮迫は2016年7月、大阪・北新地のキャバクラで男性4人のグループと顔を合わせ、記念撮影に及んだ。このうち1人が、福岡市内で金塊を盗んだとして窃盗罪に問われた人物。金塊強奪事件の3週間後の出来事だという。しかも帰る時に、5万~10万円の“ギャラ”を受け取っていたとの証言も紹介されている。

 この強奪事件は「平成の3億円事件」と話題になり、本紙でも大きく報じた。警察官に扮した犯人グループが同市内の貴金属店から約160キロの金塊を盗み、被害額は当時の時価で約7億5000万円と言われた。

 窃盗罪に問われた前出の人物が逮捕されたのは翌17年の5月のこと。宮迫が“ギャラ飲み”した当時は逃亡していたことになる。もちろん、事件との関わりは公にはなっていないとはいえ、フライデーによると入れ墨が明らかに見えていたというから、タダ者ではないと宮迫が気づいていてもおかしくない。カネまでもらっていたとなれば、不適切交遊のそしりも免れないだろう。

 この記事が出ると分かった18日、芸能マスコミは大混乱に陥った。

「宮迫引退が決まった」「会見をするらしい」などと様々な情報が飛び交い、所属の吉本興業にも複数のメディアが詰め掛けた。というのも、6月上旬から続く一連の闇営業問題で宮迫の立場は悪くなる一方だからだ。

 発端となった14年の忘年会出席は、詐欺集団が主催したもの。宮迫は相手の素性を知らず、ギャラも受け取らなかったと釈明。ところが後にギャラ受け取りが判明し、謹慎処分に。今月14日には金額が100万円だったことも吉本から発表されている。

 こうした経緯を踏まえると、もはや引退は避けられない状況だった。

「2度にわたって反社会的勢力と一緒に写った写真が出てきたということは、常習性を疑われても仕方がない。仮に引退という道を選ばなくても、テレビ局は復帰させるつもりはなく、実質的に引退状態ということになる」とテレビ局関係者。

 思い起こされるのは8年前の島田紳助氏の電撃引退。暴力団関係者との間で交わされた携帯電話のメールが一定の交流関係をうかがわせると問題視され、11年8月に引退を表明し、芸能界に衝撃が走った。

 紳助氏は当時6本のレギュラーを持っており、突然の引退でテレビ局は次々と番組休止などを迫られた。やはりレギュラー多数の宮迫の場合も引退となれば混乱が予想されるものの、収録分から本人の映像をカットして放送した「アメトーーク!」(テレビ朝日系)のように、各局とも一定の対応は済ませている。危機管理として最悪事態のシミュレーションを行っていることも考えられる。

 吉本の大崎洋会長は一部メディアの取材に、謹慎芸人の更生策としてボランティア活動などの案を明かしていた。いわば復帰への“光明”が差し込んできたところで、宮迫にはトンデモない事実が発覚した格好だ。

 フライデーにはまた、前出の忘年会出席を主導し吉本を契約解除となった「カラテカ」入江慎也と「ザ・パンチ」パンチ浜崎が入れ墨が入った男性たちと一緒に納まった写真も掲載されている。それを受け吉本は18日、浜崎に注意したことを発表した。

ジャンルで探す