宮迫&ロンブー亮「反社知らず」「ノーギャラ」釈明崩れ絶体絶命 スポンサーが追放決断か

疑惑が深まってきた田村亮

 特番やイベントのオファー取りやめに――。反社会的勢力の忘年会に、事務所に無断で出席し“闇営業”をしたと批判を浴びている「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の“追放”に、スポンサーが動きだしそうだ。これまで「反社会的勢力とは知らなかった」「ギャラは受け取っていない」としてきたが、その内容が大きく揺らいできたのだ。関係者はすでに「宮迫への特番やイベントのオファーが取りやめられている」と明かす。これではスポンサーの決断も時間の問題だ。

 この問題は、先週発売の写真週刊誌「フライデー」が報じて発覚したもの。大規模振り込め詐欺グループが2014年12月27日に都内のホテルで開いた忘年会に、多くの吉本所属の芸人が出席した。参加したのは仲介者の「カラテカ」入江慎也、宮迫、田村亮のほか、レイザーラモンHG、ガリットチュウの福島善成。ほかに無名の芸人が2~3人いた。

 さらに14日発売の同誌によると、この忘年会の半年前の同年6月ごろ、同じ詐欺グループの首謀者の誕生会に吉本所属の芸人が数多く出席したという。参加していたのは入江のほかムーディ勝山、「天津」木村卓寛、くまだまさし、ザ・パンチ、2700(現在はザ ツネハッチャン)など。

 この会には詐欺グループのメンバー100人以上が出席し、司会は入江が務めていたという。

 契約解除の原因となった忘年会について、入江は「反社会的勢力とは知らなかった」と話していたが、同誌は「それは真っ赤なウソ」と断言。詐欺グループの元メンバーは、この誕生会の前に少なくとも3度、入江と飲み会で同席したという。

 この場で幹部連中が「詐欺で稼いでいた」と話していたといい、これに入江は「悪いことしないと稼げないっすもんね」と笑っていたという。

 また、宮迫ら忘年会に参加した芸人たちは「ギャラは受け取っていない」と主張しているが、元メンバーは「絶対に払っていた」と同誌に証言。忘年会と同様、芸人を呼んだのは入江で、仲介料として100万円支払った。しかも「ギャラは手渡しではなく、振り込み」と、細かい部分の証言も。

 さらに驚くべきは、忘年会に参加したロンブー亮も、入江と同様に詐欺集団だと認識していたという。その証拠として、この誕生会直前にあった入江主催のイベントに、詐欺グループは協賛として参加。この時「詐欺で稼いでいた」と言う幹部に、亮はうなずいていたというのだ。

 宮迫や亮ら、忘年会に参加した芸人は「反社会的勢力とは知らなかった」「ギャラはもらっていない」と一様に話しているが「もはや信じる人はいないでしょう」と言うのは芸能プロ関係者だ。

「そもそも『フライデー』が先週報じた忘年会も、亮はラジオ番組で『入江にノーギャラですけど、と誘われ、フラッと行った』と話していた。だが、今回の『フライデー』の報道が事実なら、忘年会の半年前に詐欺グループの幹部に会っていたことになる」

 一方、宮迫や亮は、忘年会について「ノーギャラだった」と主張しているが「ギャラよりも、反社会的勢力だと事前に分かっていたとしたら、それこそ大問題ですよ」(同)。

 忘年会の半年前の会合には、宮迫が参加したとは報じられてはいない。とはいえ、亮が反社会的勢力と認識していたとしたら「宮迫も分かっていたのでは!?」という疑問は当然、湧いてくる。

 「忘年会に出席した芸人は、今後も『知らなかった』『ノーギャラ』と主張し続けるだろうが、亮はもちろん、宮迫のことも誰も信じないだろう。実際にその影響は既に出ている。まだレギュラー番組の降板はないけど、特番やイベントなど、宮迫への多くのオファーが取りやめられているのが実情なんです」(イベント関係者)

 今後、宮迫や亮のレギュラー番組に「影響が出るのは時間の問題」との声も出ている。

「民放はスポンサーの力が絶大。テレビ局がどれだけ『宮迫に出演し続けてほしい』と願っても、スポンサーが『出演させるな!』と言えば、従わざるを得ない」(テレビ局関係者)

 業界内では「年末のダウンタウンの番組じゃないけど、『宮迫、アウト!』と言われている」なんて声も。

 宮迫も亮も、もはや逃げ道はなさそうだ。

ジャンルで探す