日テレついに“手越追放”飲酒問題報じられ「イッテQ」降板へ

日本テレビの社屋

 ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の手越祐也(31)が、いよいよ絶体絶命のピンチに陥っている。唯一のレギュラー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)から、とうとうリストラ話が持ち上がったのだ。“イッテQ”といえば昨年11月、週刊文春に「やらせ疑惑」を報道され、番組存続の危機に直面したのは記憶に新しい。そんなナーバスな状況下で昨年の大みそか、再び文春に手越のスキャンダルが報じられて――。

「もう完全にウミは出し切ったと本人からも確認していたのに…。『あいつは本当に大丈夫なのか?』という声が局内から噴出しているんです」(日本テレビ関係者)

 騒動の始まりは大みそかに配信された「週刊文春デジタル」で、またしても手越の飲酒がらみのスキャンダルが報じられたことだ。

「文春は昨年9月に手越がグアムの法律では飲酒が禁止されている20歳の女性と酒席を共にし、さらに11月に日本で未成年女性と飲酒していたと報じたんです。記事から察するに情報源をしっかりと囲っている。ジャニーズの出方次第では二の矢、三の矢があると思わせる記事構成なんです」(前出関係者)
 こうした“やんちゃぶり”にすっかり頭を抱えているのが、手越を重用する日テレだ。

 テレビ局関係者は「そもそも手越は昨年6月にも未成年者との飲酒疑惑が報じられていた。昨年6月といえば、まさに『2018 FIFAワールドカップ ロシア大会』の日本対セネガル戦の中継(日テレ系)の直前。手越は番組のメインキャスターで一時は降板も検討されたんです。これまで何度も注意しても一切、聞く耳を持たない。そろそろ堪忍袋の緒が切れますよ」と言う。

 そもそもNEWSのメンバーを巡っては同じ昨年6月に小山慶一郎と加藤シゲアキが未成年者と飲酒をしたと“文春砲”で報じられた。小山はその後、20日間の芸能活動自粛→再開するも、キャスター業には復帰できず、最終的には先月、「news every.」(日テレ系)を降板した。

 昨年はNEWSのメンバー4人中3人が飲酒を伴う問題を起こしたのに、ジャニーズ事務所はグループに大きな謹慎処分などは科さなかった。それどころか、15周年記念というアニバーサリーイヤーだったためか、大みそかには京セラドーム大阪で単独のカウントダウンコンサートを行うなど、“特別待遇”が目立った。

 年が明けても、NEWS推しは続いたようだ。

 テレビ局関係者は「あまり大きな声では言えませんが、今年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティーの候補としてNEWSをジャニーズから猛プッシュされていた。だが、今回の手越の一件で今や飛ぶ鳥を落とす勢いの『King&Prince』の起用に向け、最終調整に動きだしたそうです」と明かす。

 これまでどんなに不祥事を起こし続けても、おとがめなしの手越だったが…。

「『イッテQ!』も3月いっぱいで降板という話が本格化している。ポスト手越は『King&Prince』の岸優太と平野紫耀の2人が有力候補だ。また当初、手越は日テレが中継権を獲得したラグビーW杯のスペシャルサポーターに内定していたが、スポンサーの意向で白紙になった。今後、日テレの手越外しやNEWS切りはどんどん本格化していくでしょうね」(別の日テレ関係者)

 TOKIOのメンバーだった山口達也も昨年、酒で身を滅ぼした。そろそろ手越も気づくべきだが…。

ジャンルで探す