【GPファイナル】紀平梨花がSP今季世界最高で首位!ザギトワは2位

紀平

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが日本時間7日(現地6日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子のショートプログラム(SP)で初出場の紀平梨花(16=関大KFSC)が完璧な演技を披露し、ルール改正後の世界最高得点の82・51点で首位に立った。

 紀平は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功。これで流れに乗ると、最後まで圧巻の滑りを披露し、初出場初優勝の偉業に王手をかけた。

 最大のライバルと目される平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)は77・93で2位。日本勢の坂本花織(18=シスメックス)は4位、宮原知子(20=関大)が6位につけている。

ジャンルで探す