ZIGGY森重樹一が告白!GLORIAはメンバーから反発食らっていた

森重樹一

【ダイヤモンド・ユカイの昭和ロックを語る時が来た!】「GLORIA」大ヒットの背景とは――。「レッド・ウォーリアーズ」のボーカル、ダイアモンド・ユカイ(55)が、「ZIGGY」のボーカル、森重樹一(54)をゲストに招いて昭和の終わりに巻き起こった日本のロックムーブメントをひもとく。今回はあの名曲について。実はメンバーは嫌がっていた!?

 ユカイ:「GLORIA」って、売れたのが発表から1年以上たってからだよね。

 森重:2枚目のアルバム「HOT LIPS」(1988年5月発売)に入ってた曲だからね。89年3月に3枚目のアルバム「NICE&EASY」を出して、その後の7月だよ、「GLORIA」がシングルカットされたのは。

 F記者:全盛期のフジテレビ“月9枠”のドラマ「同・級・生」(89年7月~)の主題歌に採用された、そのタイミングですね。

 森重:あれ、タイアップのはしりだったね。

 ユカイ:そうね。ロックバンドはタイアップは取れなかったからね。派手ないでたちや素行の悪さが原因で、CMも当時の“トレンディードラマ”もロックバンドとタイアップしなかった。最初にす~っとやったのがZIGGY。

 F記者:それを1年以上前の曲でって、なぜ?

 森重:事務所の政治じゃない(笑い)。

 ユカイ:それはさ、まず「GLORIA」がポップな曲として広がっていく素質を持っていたというのがひとつ。あと、ロックが大きな存在になってきたという時代背景もあったと思う。この2つが重なったんだよ。

 森重:そう、時代背景は大きいね。あの前にBOφWY、レベッカ、さらにレッド、BUCK―TICKといろんなバンドが出てきてた。まさに“バンドブーム前夜”。世の中が楽器を持って音楽やることを受け入れ、世間にロックバンドへの“耐性”がついてきてた。

 ユカイ:ただメンバーでいろいろあったんじゃない?「GLORIA」みたいなポップな曲は。

 森重:あったね。こんなポップな曲、やりたくねぇ、みたいなのがね。メンバーは良く思ってなかったかもね。俺が書いた他の曲でも「ポップに寄り過ぎ」って言われたり。難しいね。

 ユカイ:やっぱり。それぞれ強い美意識を持ってるもんだからね。

 F記者:あんな名曲でメンバーから反発があったとは…。「GLORIA」を書いた時のこと覚えていますか?

 森重:いい曲だなと思ったよ。でもこれよりいい曲が書けないなんて、これっぽっちも思わないし、その後もこっちの方がいいという曲はいっぱいあるよ。でも世の中に浸透するのは、俺の意向とは違うんだな、とも感じたよね。

 ユカイ:レッズはシャケ(木暮武彦=レッズのギター)が決定的な美意識を持って曲を書いて、「バラとワイン」や「ルシアン・ヒルの上で」のように、今でも「いい曲ですね」って言ってもらえる曲があるんだけど、世の中に広がらなかったからね。ロック界ではポップで良い曲だと思ってたけど、歌謡曲にはもっと門戸を開いている曲があってね。森重たちはそこをクリアしていった。

 F記者:「GLORIA」のヒットで「ザ・ベストテン」にも出演しました。

 森重:黒柳徹子さんが俺たちを見て、すごくビックリしてたのを覚えてるよ(笑い)。

 ユカイ:衣装も化粧もすごかったからね。

 森重:原宿のロックショップの店員みたいなのが4人出てきたからね。黒柳さん、「何、この人たち」みたいなすごい顔で見てた(笑い)。

 ユカイ:あの時、入ってきたお金も変わったでしょ。

 森重:多少変わったかな。車買えたからね。コルベット。それぐらいだよ。暮らしが派手になったわけでなく、いい曲できた時は「ヤッター」ってさ、それしかないもの俺は。

 F記者:タイアップ曲では、日本テレビのプロ野球中継イメージソング「STAY GOLD」(94年)もヒットしました。

 森重:長嶋茂雄さんが気に入ってるって聞いて、あれはうれしかったな。

 F記者:それにしても、なぜZIGGYは“歌謡曲の壁”を乗り越えられたのでしょう?

 ユカイ:森重って歌謡曲やロックを研究してて、それを俯瞰できる人だったからね。当時の海外のヒット曲も詳しかった。森重、覚えてる? 俺んちに酔っぱらって来て2人で話したよね。

 森重:覚えてるよ。憧れのあの人のこととか、ずっと話してたよね。

☆もりしげ・じゅいち=1963年8月28日生まれ。東京都出身。84年にZIGGYを結成。88年にリリースした「GLORIA」が大ヒット。昨年、メジャーデビュー30周年を迎えた。今春、ツアー「TEENAGE LUST」を行う。

☆ダイアモンド・ユカイ=1962年3月12日生まれ。東京都出身。86年にレッド・ウォーリアーズでデビュー。89年に解散後、数度再結成。ソロとしてのカバーアルバム「Respect III」、著書「タネナシ。」「育爺。」が発売中。2015年に織田哲郎と結成したバンド「ROLL―B DINOSAUR」のセカンドアルバム「SUE」が発売中。

ジャンルで探す