金与正による初の軍隊視察が暗示している北朝鮮内部の地殻変動

独裁国家や社会主義国において、国のトップは軍事力を手放さないのが常だ(提供:KCNA/UPI/アフロ)

(金 興光:NK知識人連帯代表、脱北者)

 最近の北朝鮮は、金正恩総書記の実の妹である金与正氏を「偉大なる党中央」だと称している(※「党中央」とは、朝鮮労働党の中心的人物という意味)。金正恩総書記に近しい者で固く団結し、金与正氏の指導の下、力強く進もうという、完全に新しい政治的な状況を作り出しているのだ。

 そのような状況下、北朝鮮の高位消息筋から、金与正氏が初めて最前線の軍部隊に対する党中央軍政指導に出たという、驚くべきニュースが伝えられた。これはすなわち、「党中央」と呼ばれる金与正が、軍隊に対して直接、軍事的かつ政治的な現地視察を行うということである。

 金与正氏の軍政指導は、彼女が党の権力に続き、軍事力まで掌握したという完全に新しい事実を意味している。

 そこで本日は、金与正氏が党中央軍政指導の名目の下、北朝鮮の軍部をどのようにして手中に収め飼い慣らしているのか、どのようにして権力を強化しているのかという点についてお話ししよう。

 北朝鮮の高位消息筋から得た情報は、こうだ。

 去る2021年10月25日、北朝鮮軍総政治局が、【命令書 00187】「金与正同志による初の歴史的な『党中央軍政指導』を受け、限りなき栄光を心に刻み、偉大なる党中央を、命をかけて擁護しよう!」という命令書を示達した。

 その命令書には、北朝鮮軍、党、国家、経済分野に対する軍政指導が始まるにあたり、金与正氏の格別の配慮により最初の指導が北朝鮮軍の最前線部隊から始められるという話に加えて、金正恩総書記の革命思想や指示、党の政策が軍を含む全人民にどう受け止められ、成し遂げられているかを検証する貴重な機会であり、軍に課せられた戦略目標の達成のための名誉ある現地視察だという話が付記されていた。

 そして、この命令書が各部隊に伝えられた後、数日が経過した11月2日、金与正氏は西南前線地区の最前線部隊、第5492軍部隊の管下にある女性中隊を視察した。

独裁者でもない人間が軍を視察した意味

 この中隊は、金正恩総書記が2019年11月24日に直接視察した部隊である。さらに言えば、先代の金正日氏がこの中隊を訪問した際に、訓練によって女性軍人の手がひどく荒れていたため、彼女たちにハンドクリームと化粧品セット一式を送ったと大々的に報道された、象徴的な部隊だ。

 初めての軍政指導の舞台として、金与正氏が数ある北朝鮮軍の部隊の中からこの中隊を選んだのは、そういった象徴的な部隊だったからだろう。

 また、自身の宣伝効果もあったと思われる。身の危険をものともせず、最前線を視察する女将軍、あるいは女傑というイメージを北朝鮮軍の幹部に持たせるという狙いとともに、女性である金与正氏が女性軍部隊を訪問したという映像を流せば、軍や国民に大きなインパクトが期待できるという計算だ。

 その後も、金与正氏は総参謀部をはじめ、様々な最前線部隊に対して軍政指導を継続している。

 11月6日には、北朝鮮軍機械化部隊を総動員した火力打撃訓練を訪問し、実戦能力まで視察した。10月23日から始まった北朝鮮軍機械化部隊と砲兵部隊による訓練の様子を確認するため、11月6日、金与正氏は指揮官に訓練区分台を攻撃地点に定めさせ、目標が完全に消滅するまで砲撃し、部隊の士気を高めたという。

 高位消息筋によるこの情報に触れ、私は全身に戦慄が走った。その理由は、党中央軍政指導が始まった背景について考えたためだ。一言でいえば、金与正氏は党の権力掌握に続き、軍事力の掌握にまで手を出したということだ。

 金与正氏が軍事力を掌握するということは、金正恩総書記の権力を完全に代行するということを意味しており、途方もない事件である。

初めて軍隊を視察した金与正氏。北朝鮮では独裁者以外が軍を視察し、指導することはない(写真:代表撮影/AP/アフロ)

 北朝鮮もそうだが、過去の社会主義国においては最高権力者が軍事力を有していた。軍事力がなければ、誰もが最高権力者に服従しないからだ。そのために、中国の毛沢東も死ぬその日まで中国軍総司令官職を固守した。鄧小平も年老いてあらゆる権力を手放しながらも、軍事力だけはずっと維持した。

 北朝鮮も同じだ。金日成主席と金正日総書記は、生前の少しの間も軍事力を他人に譲渡したことはない。最高司令官がまだ生きているのにもかかわらず、軍人でもない別の人間が北朝鮮軍を現地指導するということはあり得ないことだ。

 その中で、金与正氏が軍を現地指導したということは何を意味しているのだろうか。金与正氏が金正恩総書記に取って代わったのか。自分に与えられた権力を掌握するためなのか。あるいは、金正恩総書記が金与正氏に党の権力だけでなく、軍事力までも与えたのだろうか。

「軍政指導」と「現地指導」という言葉の重み

 もちろん、金与正氏による軍事力の掌握は一時的だともいえる。海外メディアが注意深く探っているように、そして私がたびたび書いているように、金正恩総書記には大きい持病があって、地方へ頻繁に通える状態ではないため、金与正氏が一時的に北朝鮮軍を指揮しているという可能性はある。

【関連記事】
妹に操られる金正恩、徐々に判明し始めた北朝鮮内部の地殻変動(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67527)
金正恩が新型SLBMの発射実験に参加しなかったのはなぜか(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67577)

 私が高位消息筋から得た情報は裏付けが取れていないが、これが事実であれば、北朝鮮の権力中枢で間違いなく何かが起きている。その中で、金正恩総書記が何の異常もなく過ごしていると考えるのは、普通ではない。

 過去に、金日成主席や金正日総書記、今の金正恩総書記が北朝鮮のある地域を現地指導したという北朝鮮関連ニュースを見聞きしたことがあるだろう。現地指導とは、平壌にいる独裁者が、関心のある分野や対象を現地で直接確認し、指導するために地方を訪問することだ。北朝鮮では、「現地指導」という単語は、独裁者の行動にだけ使用される特定用語である。

 仮に労働新聞に「金与正同志の現地指導」という言葉が登場したのであれば、それは金与正氏が金正恩総書記を抜き最高権力者に上り詰めたことを意味する。今はまだ、金与正氏の「軍政指導」であり「現地指導」ではない。軍部隊を見回り、現地で軍事指導、政治的指導をするというニュースだ。

 だが、先にも述べた通り、独裁者でもない人間が軍を視察し、指導するなどということは北朝鮮ではあり得ない。韓国をはじめ、海外の人々は北朝鮮の専門用語に慣れていないため、軍政指導という言葉が何を意味するのか見当もつかないだろうが、軍政指導の事実が確認されれば、核爆弾級の大事件である。

 さらに、金与正氏の党中央軍政指導が最近の金正恩総書記のおかしな行動と関連があるならば、より慎重な分析が必要になる。

あれほど視察が好きだった金正恩に何が?

 以前の記事「金正恩が新型SLBMの発射実験に参加しなかったのはなぜか」でも書いているが、金正恩総書記は2020年5月以後、どんなミサイル実験にも参加せず、軍部隊の視察にも全く赴いていない。

 そのような発射実験があれば、以前の金正恩総書記であれば必ず現れた。ところが、今回のミサイル発射場には現れなかった。振り返れば、金正恩は2021年の今年、平壌から抜け出したことがないようだ。たまに顔を見せるのは、会議や観兵式、住宅建設現場ぐらいである。

 大好きなミサイル発射場にも現れないで、金正恩総書記はいったい何をしているのだろうか。北朝鮮の経済状況が奈落の底にあるというのに、国のトップがリーダーシップを発揮しないでいいのだろうか。

 父親の金正日総書記でさえ、1990年代後半の飢饉「苦難の行軍」の時に、人々が飢えて死ぬのをただ別荘で眺めるのではなく、軍部隊を定期的に視察した。

 金正恩総書記は今年満37才だが、これほど疲れ切っているというのはどうしたことか。権力を掌握した当初は現場に足繁く通っていた。金正恩総書記が政権を担った初年度の初の軍部隊訪問を見た時、「お父さんとちょっと違うなぁ」と私も少しだけ期待した。

 しかし、丸木船に乗ってまで最前線部隊を楽しく視察した金正恩総書記の姿は、今や全く見ることができない。いや、永遠に見られないかも知れない。そのことが非常に気にかかるのだ。

 今後、金与正氏の政治的な行動については、さらに綿密に監視していく。ただ、これまでの分析ではっきりと分かっていることは、金与正氏は既に金正恩総書記の使いっ走りなどではなく、北朝鮮の大部分の権力を握った、いわゆる「偉大なる党中央」として君臨しつつあるという事実である。

ジャンルで探す