トランプ大誤算:制裁のはずがロシアを支援

プロローグ
第4回ウラジオストク東方経済フォーラム開催

 ロシア極東のウラジオストクにて2018年9月11~13日、第4回東方経済フォーラムが開催されました。この東方経済フォーラムは、サンクトペテルブルク経済フォーラムに倣い、2015年から開催され、今年で4回目を迎えました。

 今回の東方経済フォーラムにおいて、なぜ日露首脳会談が会期中ではなく開催前日の10日に設定されたのか、筆者は不思議に感じております。

 これはいわば、「露日首脳会談はメーンエベントの枠外」とのロシア側シグナルではないでしょうか。

 ロシアのV.プーチン大統領は翌11日、ウラジオストク近郊ボリショイ・カーメンのズベズダ造船所を訪問しました。しかし10日に造船所を訪問し、11日に露日首脳会談設定もできたはずです。

 プーチン大統領は中国の習近平国家主席と11日に4時間以上会談していますので、中国重視の結果、日本との会談は会期前日に設定されたのが真相ではないかと推測します。

 本稿では米の対露経済制裁措置強化政策が露中エネルギー協力関係にどのような影響を与えているのか、第4回フォーラムにおいて露中間で何が合意されたのか概観したいと思います。

油価上昇/ロシアゲートの本質?

 米国D.トランプ大統領の対露経済制裁措置強化法案が欧米間の亀裂を招き、露中エネルギー協力関係を深化させています。

 トランプ大統領の対イラン経済制裁緩和措置停止方針が中東情勢の不安定化に拍車をかけ、油価上昇の元凶となり、結果としてロシア経済にとり干天の慈雨になっている現状こそ、実は米トランプ大統領のロシアゲートの本質かもしれません。

 プーチン大統領は「米国のイラン制裁が油価上昇の元凶」との趣旨を述べていますが、まさに正鵠を射た認識です。

 油価は上昇していますが需給は見合っており、現行の原油生産量1億bd(バレル/日量)は需要以上の供給量になっています。

 ですから経済原則から申せば油価は下落するはずですが、トランプ政権が不安材料となり、原油の先物相場を押し上げています。

 今週10月7日はプーチン大統領の誕生日でした。彼は1952年10月7日生まれで、満66歳になりました。

 第4期大統領職は2024年5月7日までなので、第4期目大統領任期を満了するとプーチン大統領は71歳になります。

 その後また首相になって院政を敷くとの穿った見方もありますが、筆者はそのような見解には与せず、むしろ後継者が見つかれば早期辞任も十分あり得ると予測しております。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は近々訪露予定、中国の習近平国家主席は訪朝予定、今年2回目となる米朝首脳会談実現の可能性も高くなってきました。

 朝鮮半島の緊張緩和は極東地域の石油・天然ガスの流れを大きく変えることになり、露産原油とLNG(液化天然ガス)を含む天然ガスが環アジア太平洋諸国市場に拡販されることになるでしょう。

 ご参考までに2018年の週間油価推移は以下の通りです。

 2018年の露国家予算歳入案はウラル原油バレル40.8ドル前提で策定されているので、予算想定油価の2倍となる油価上昇はプーチン大統領にとり、望外の贈り物と言えましょう。

(出所:http://en.trend.az/

日本の原油輸入量推移概観

 最初に、日本の原油輸入量推移を概観したいと思います。日本の輸入量は1973年(昭和48年)最大2.9億キロリットルを記録後に漸減となり、2017年の輸入量は1.9億キロリットルに低下しました。

 日本の原油輸入量に占める露産原油の割合は2015年に過去最高の8.5%を記録しましたが、以後減少。2018年1~8月度は4.6%に低下しています。

(出所:資源エネルギー庁統計資料より筆者作成)

 次に、日本がロシアから輸入している原油の油種別輸入量を概観します。

(出所:資源エネルギー庁統計資料より筆者作成)

(註1: 日本は2011年から2014年、上記原油以外に少量の重油などを輸入。2018年8月、初めてヤマール産コンデンセート4万9000キロリットルを輸入した)

(註2: 2013年まではS-2原油は“ヴィ―チャジ原油”と呼ばれていた。2014年は過渡期。2015年以降、“サハリン・ブレンド”に統一)

 ロシアから日本に入ってくる原油は、ソーコル原油(サハリン-1原油)/サハリン・ブレンド(サハリン-2原油)/ESPOブレンド(シベリア・極東産原油)の3種類です。

 2014年までESPOブレンドは順調に輸入拡大してきましたが、2015年に足踏みとなり、以後減少しています。

 これは中国の民間石油精製業者が高値で入札して、日本の民間石油会社が思うように落札できないからです。

 すなわち、あくまで経済的観点からの減少であり、政治的問題ではありません(政治問題と絡めて論評する人もいますので、あえて付記する次第です)。

 日本の原油輸入量の約90%は中東原油、86%がOPEC原油、原油輸入量の87%はホルムズ海峡を通過しています。

 日本は原油供給源と輸送路の多様化が必要と長年言われてきましたが、この状況は残念ながら改善されていないのが現状です。改善のカギはやはり、露産原油と米国産原油(シェールオイル)となりましょうか。

第4回東方経済フォーラム
深化する露中エネルギー協力関係

 プーチン大統領は2012年12月の大統領年次教書にて「21世紀には、ロシア発展のベクトルは東方に向かう」と演説し、東シベリア・極東開発構想の重要性を強調しました。

 2018年9月に開催されたウラジオストク東方経済フォーラムでは、プーチン大統領が一番重要視した相手は中国の習近平国家主席でした。

 9月11日の露中首脳会談は4時間以上にわたり、特に天然ガス交渉では大きな進展が見られました。

 米トランプ政権の対露経済制裁措置強化方針が露中エネルギー協力関係を深化させたと言えましょう。

 今回、露中首脳会談で合意した天然ガス供給プロジェクトは以下の3構想です。

 “シベリアの力①”(東ルート)は順調にパイプライン(P/L)を建設中で、露領域部分の天然ガスP/L溶接はほぼ終了。国境のアムール州では天然ガス陸上処理プラントを建設中です。

 “シベリアの力②”(西ルート/アルタイ共和国経由)は可及的速やかに売買契約を締結することで、露中首脳は合意。天然ガス供給源は既存の西シベリア鉱区です。

 “シベリアの力③”(極東ルート/SKVパイプラインのダルニェ・レチェンスクから中国へ)は2019年末までに売買契約締結を目指すことになりました。

 天然ガス供給源はサハリンですが、サハリンには現状十分な天然ガスは存在しませんので、実現は先送りとなるでしょう。

 ご参考までに、露極東の天然ガス鉱区と上記①②③ルートを下記します。露ガスプロムと中国CNPC(中国石油天然気集団)は以下3方向で露から中国向けに天然ガスを供給する計画です。

露から中国向け天然ガスP/Lルート

(出所:露ガスプロム/註:地図中の①②③④⑤⑥は天然ガス鉱区を指す。①ユルブチェン ②サビンスコエ ③コビクタ ④チャヤンダ ⑤⑥サハリン)

(参考/bcm=10億m3

“シベリアの力 ①”(東ルート)/天然ガス年間輸送能力ピーク時38bcm想定
→2019年12月20日、供給開始予定/最初の5年間で徐々に増量、6年目から年間38bcmへ

“シベリアの力 ②”(西ルート)/年間輸送能力30bcm想定:露アルタイ共和国から中国へ。
→可及的速やかに売買契約を調印する。

“シベリアの力 ③”(極東ルート)/年間輸送能力10bcm想定
→2019年末までに契約調印を目指す。

 上記①②③以外に、“シベリアの力 ④”構想(筆者命名:ウラジオストクから北朝鮮経由韓国へ/年間10bcm想定)も存在します。

 ①は既に現在進行中ですから、今後は②③④が脚光を浴びることになるでしょう。

 “シベリアの力①”(東ルート)は2019年12月20日、中国向けに天然ガスを輸出開始予定です。

 露ガスプロムと中国CNPCは2014年5月21日、30年間(ピーク時供給量年間38bcm)の長期供給契約に調印。

 ガスプロムのA.ミーレル社長は2018年9月20日、“シベリアの力①”は全線2156キロのうち残る溶接部分は40キロと発表しましたので、近々完工するでしょう。

 P/L建設が終了すると、P/L全線を検査します。テスト終了後にラインフィル(P/Lに天然ガスを注入する作業)を行い、2019年12月20日から中国向けに天然ガスを輸出開始予定です。

 露ガスプロムと中国CNPC間で調印された契約によれば、1年目の供給量は5bcm、最初の5年間で徐々に輸出量を増やし、6年目からピーク時輸出量年間38 bcmに達することになっています。即ち、2024年末までに年間38bcm供給態勢になります。

 ただし、天然ガス供給源となるチャヤンダ・ガス田のピーク時年間生産量は25bcmなので、イルクーツク州コビクタ・ガス田を探鉱・開発し、同ガス田から800キロの天然ガスP/Lを建設してチャヤンダ・ガス田と接続しないと、この年間38bcmは達成不可能です。

 “シベリアの力②”は既に10年以上の長きにわたり露中間で交渉してきましたが、進展しませんでした。理由はガス価格です。

 天然ガス供給源は既存の西シベリア鉱区ですが、このガスは現在、欧州に輸出されています。すなわち、ガスプロムは欧州向けに輸出して外貨を稼いでいます。

 ガスプロムは当然のことながら、中国に輸出する場合は欧州向けと同じ価格帯を要求してきましたが、中国側はこの価格水準は高すぎるとして交渉難航。

 しかし今回は露中首脳同士で「可及的速やかに契約調印すること」で合意したので、双方は早晩妥協案を見出すことでしょう。

 “シベリアの力③”はサハリンからハバロフスク経由ウラジオストク向け既存SKV天然ガスP/Lのダルニエ・レチェンスクから中国向け支線P/Lを建設して、中国に天然ガスを供給する構想です。

 中国側はこの支線P/Lの早期建設を望んでいます。

エピローグ
プーチン大統領への贈り物

 ロシアでは、プーチン大統領の支持率が急落しています。2014年3月18日のクリミア併合後支持率は8割以上に上昇しましたが、2018年6月14日以降、支持率は6割前後に急降下。

 これは年金改革案発表に起因します。露では同年6月14日にワールドカップが開幕しましたが、この日、年金改革法案がひっそりと発表されました。

 6月法案は男性60歳、女性55歳の現行年金支給開始時期を男性65歳に、女性は63歳に段階的に引き上げる案でしたが、国民の大反対に遭い、現在では男性65歳、女性60歳支給案が議会で審議されています。

 露国民の平均寿命は男性66歳、女性77歳ですから、特に男性は年金支給開始と同時に貰えなくなってしまう可能性もあります。

 社会保障費を補填するには、国家予算歳入を増やすことが一つの解決策になります。

 歳入案の約4割を石油・天然ガス税収が占める経済構造にとり、今回の油価急騰はまさに米トランプ大統領から露プーチン大統領への贈り物かもしれませんね。

ジャンルで探す