緊急事態宣言 11都府県に拡大

北朝鮮、軍事パレード実施=新型公開もICBM登場せず

14日、北朝鮮・平壌の金日成広場で行われた第8回朝鮮労働党大会記念閲兵式で隊員と観衆に答礼する金正恩総書記(朝鮮通信・時事)

 【ソウル時事】朝鮮中央通信は15日、北朝鮮の平壌で14日夜、軍事パレードが行われ、金正恩総書記が閲兵したと報じた。新型短距離弾道ミサイルや潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)が登場したが、昨年10月の朝鮮労働党創建75周年で公開した新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)は動員しなかったもようだ。
 軍事パレードは5~12日に開かれた朝鮮労働党大会を記念して実施。正恩氏は党大会で米国を「最大の主敵」と呼び、バイデン次期政権との対決姿勢を強調した。ただ、パレードでは新型ミサイルで周辺国への脅威を誇示しつつも、米本土を射程に収めるICBMを公開しなかったことで米側に一定の配慮を示し、新政権発足前の刺激を控えた可能性がある。
 パレードでは「核武力である戦略軍縦隊」や「敵を消滅できる打撃力を持った」ミサイル部隊が登場。公開された写真には、米軍の地対地ミサイル「ATACMS」に似たものや、変則的な軌道で飛行するロシア製の短距離弾道ミサイル「イスカンデル」に類似した新型ミサイルなどが写っている。 

ジャンルで探す