「正恩氏と良い関係」発言を訂正=インタビューの米紙を非難-トランプ氏

トランプ米大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AFP=時事)

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は14日、ツイッターで、自身が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と「恐らく非常に良い関係にある」と述べたと報じたウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビュー記事について、間違った引用だったと非難した。これに先立ち、サンダース米大統領報道官も13日、ツイッターに同様の主張を投稿した。
 トランプ氏は、実際には「良い関係になるだろう」と語ったと指摘。「大きな違いだ。彼らは私の言ったことを正確に分かっていたのに、話を作りたがった」と主張した。一方、ウォール紙はツイッターでインタビューを録音した音声を公表。「(トランプ氏の発言は)報道した通りだ」と反論した。 

ジャンルで探す