アシアナ機 高度200メートル飛行中に扉開く 194人乗せた旅客機で何が?

韓国で26日、高度200メートルを飛行中のアシアナ航空機の扉が、突然開くトラブルが起きました。警察は、乗客の30代の男を逮捕し、当時の状況を調べています。

アシアナ航空によりますと、26日午後0時半過ぎ、乗客194人を乗せ、済州島から大邱空港に向かっていた旅客機の扉が、高度200メートルで突然、開きました。

旅客機はそのまま、大邱空港に着陸、落下した乗客、乗員はいなかったということですが、韓国政府によりますと、12人の乗客が呼吸困難の症状などを訴え、病院に運ばれました。

アシアナ航空は、乗客の話として「非常口付近の席に座っていた男が、非常口の扉のレバーを触っていた」と説明しています。現地警察は、30代の乗客の男を航空保安法違反の疑いで逮捕し、当時の詳しいいきさつを調べています。

ジャンルで探す