北朝鮮発射のミサイルは800キロあまり飛行し日本海落下 韓国軍が発表 韓国メディア「米韓合同演習への反発」

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が19日午前11時5分ごろ、北西部・平安北道の東倉里付近から日本海に向け、1発の短距離弾道ミサイルを発射したと発表しました。ミサイルは800キロあまり飛行し、日本海に落下したということです。

北朝鮮は今月16日にICBM=大陸間弾道ミサイル級を発射。次の日に国営メディアを通じ「火星17型」だったと主張しています。

アメリカ軍と韓国軍は13日から11日間の日程で大規模な野外機動演習を伴う合同演習を実施していて、北朝鮮はこれに強く反発してきました。

韓国の聯合ニュースは今回の発射も合同演習への反発によるもので、「北朝鮮が演習の期間中、挑発的な軍事行動を続ける可能性がある」との見方を報じています。

ジャンルで探す