EU議会 W杯開催地・カタールの人権状況を非難する決議

EU=ヨーロッパ連合の議会は、サッカー・ワールドカップの開催国・カタールの人権状況を非難する決議を採択し、カタールやFIFA=国際サッカー連盟に対し、犠牲者らへの補償を求めました。

EU議会で24日に採択された決議では、カタールでのワールドカップ開催を前に、スタジアムの建設などに携わった何千人もの外国人労働者が死亡したと非難しました。

議会は、この他の人権侵害なども含め、カタールとFIFAに対し、すべての犠牲者や遺族への補償を求めています。さらに、カタールでの開催をめぐって、「国際的なスポーツイベントは基本的人権が侵害され、性別に基づく組織的な暴力が蔓延する国で開催されるべきではない」と指摘。

FIFAの汚職は蔓延していて組織的で根深く、開催国を選定するプロセスが不透明だとしています。

ジャンルで探す