夫が妻を殺し遺体を36分割、自宅マンション浄化槽に遺棄

残虐な事件がネットでも話題に

 中国浙江省杭州市で女性が行方不明になり、女性の夫が杭州市警察本部に捜索願を出したが、事態は急転。警察は7月6日夜から捜査を開始した結果、夫が妻を殺し、遺体の処分に困り36の部位に切り刻み、自宅マンションの浄化槽に遺棄していたことが判明した。

 警察は女性を探すために、捜査員100人で特別捜査本部を設置。女性の自宅周辺の監視カメラのビデオテ映像を6000時間分調べたほか、1075世帯約4000人に事情聴取。さらに周辺の6棟のビルやガレージやエレベーターなどの地下空間を調べるなど、18日間の綿密な捜査の結果、遺体の一部を発見。殺人を自供した夫を逮捕したことで、中国では類いまれな猟奇事件として大きな話題になっている。

 中国紙『新京報』によると、7月5日夜、清掃員をしていた妻が帰宅した後、夫と口論になり、激高した夫は妻の首を絞めるなどして殺害。夫は風呂場で、妻の遺体を切断し、浄化槽に投げ捨てた。

 夫は翌朝、結婚して近所に住んでいる娘に電話し、「お母さんが帰ってこないんだ。お前の家に行っていないか」などと、さも妻の心配しているように語っていたという。

 夫は娘と一緒に警察署に行き、捜索願を提出。警察では徹底的な捜査を行ったが、発見できなかったことから、改めて監視カメラの映像を精査したところ、女性は5日夜に帰宅以降、自宅マンションから出ていないと判断するに至った。

 このため、警察は夫の犯行との疑いを強め、監視カメラ映像で夫の行動を細かくチェックすると、大きなビニール袋を持って、マンションの地下に行き、戻ってきたときにはビニール袋を持っていなかったことが分かった。このため、警察は夫が犯人で、遺体の一部を浄化槽に遺棄したと推定。

 22日午後から作業を開始。捜査員100人は40度近い高温のなか、完全に密閉された防護服を身に着け、38台のバキュームカーで浄化槽の糞便などを吸引。作業は一昼夜25時間続いたという。

 これらの38台分の内容物を精査したところ、人体の皮膚のような物体がいくつか発見されたことで、夫を詰問したところ、犯行を自白したという。

 この事件が報じられると、杭州市警察本部が徹底的な捜査で、犯人を特定したことに「綿密な科学捜査の成果だ」などと警察の捜査を絶賛する声が多数寄せられているという。一方、夫のあまりの残虐な手口に対しては、「さも妻を気遣う優しい夫を装うなど、その正体は冷血漢であり、死刑は免れない」などの書き込みがネット上で多数みられている。

ジャンルで探す