ロシア ウクライナに軍事侵攻

フィンランド大統領 プーチン露大統領と電話会談 NATO加盟の意思伝達 露は「過ち」と警告

【ロンドン=板東和正】フィンランド大統領府は14日、ニーニスト大統領がロシアのプーチン大統領と電話会談し、フィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟申請の意思を伝えたと発表した。

フィンランド大統領府によると、ニーニスト氏は会談でプーチン氏に対し、ウクライナへの大規模な侵攻が、フィンランドの安全保障環境を根本からいかに変えたかを説明。侵攻によるウクライナの多大な人的被害に深い懸念を強調した。ニーニスト氏は会談について「直接的で率直なものだった。(ロシアとの)緊張を避けることが重要であると考えられた」と述べたという。

露大統領府によると、プーチン氏は会談で、フィンランドのNATO加盟の方針表明について「過ちになるだろう」と警告。「両国の長年の善隣友好関係に否定的な影響をもたらす」と述べた。

露国防省は14日、バルト海を挟んでフィンランドと向かい合う露西部の飛び地カリーニングラード州で軍事演習を実施。軍事力を誇示し、フィンランドとNATOを威圧する思惑だとみられる。

ジャンルで探す