露がウクライナ東部に破壊工作計画 米警戒

【ワシントン=渡辺浩生】ホワイトハウスは14日、ウクライナ国境近くに10万人規模の部隊を展開するロシアが侵攻の口実を得る目的で、ウクライナ東部の親露勢力への破壊行為を偽装する「偽旗作戦」を準備していると明らかにした。今後露軍が侵攻に着手する準備活動とみて警戒を強めている。

サキ大統領報道官は記者会見で、「ロシアがすでにウクライナ東部で『偽旗作戦』を実行するための工作員グループを事前配置していることを示す情報がある」と指摘した。工作員グループは市街戦や、露代理武装勢力への破壊行為を行うための爆発物使用の訓練を受けているとした。

サキ報道官は、ロシア側が侵攻を正当化し、ウクライナの分断を引き起こすため「国営メディアやソーシャルメディアでウクライナによる挑発行為をでっちあげる活動を開始している」との情報も明らかにした。

バイデン政権は、ロシアがウクライナ領のクリミア半島を一方的に併合した2014年にも、同様の作戦がみられたとの見方で一致している。サキ報道官は、「露軍がこうした活動を、軍事侵攻の数週間前に開始する計画を立てている」と言及。侵攻は1月中旬から2月中旬の間に開始する可能性があるとも指摘した。

ロシア側の侵攻準備を明らかにすることで、事前に封じ込める狙いもあるとみられる。一方、ウクライナの政府機関のウェブサイトに大規模なサイバー攻撃が行われたことについても米政府は警戒を強めている。

ジャンルで探す