台湾ビル火災、放火の可能性も 46人死亡

【台北=矢板明夫】台湾南部の高雄市で14日未明、雑居ビルが全焼する火災が発生し、同日午後6時(日本時間同7時)までに46人の死亡が確認された。41人が負傷した。行方不明者がいるとの情報もあり、死傷者はさらに増える可能性がある。日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会によると、日本人の被害は確認されていないという。

全焼したのは、築約40年の13階建てのビルで、飲食店、映画館などのほか、住宅約120戸が入っていたという。

地元メディアによると、14日午前3時(日本時間同4時)ごろに地元の消防団に通報があった。消防団は約70台の消防車を派遣して消火活動にあたり、数時間で火を消し止めたという。1階のごみ置き場が特に激しく焼けていたことなどから、高雄市の陳其邁(ちん・きまい)市長は記者団に「放火の可能性も排除できない」と話した。

ジャンルで探す