G20、COP26出席へ=ローマ教皇と会談―米大統領

【ワシントン時事】米ホワイトハウスは14日、バイデン大統領がローマで30、31の両日行われる20カ国・地域(G20)首脳会議と英グラスゴーで11月1、2の両日行われる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)首脳会合に出席すると発表した。
バイデン氏は外遊中、10月29日にバチカンを訪れ、フランシスコ・ローマ教皇と会談し、新型コロナウイルス対策や気候変動問題などについて意見交換する予定。

ジャンルで探す