台湾・高雄でビル火災、46人死亡=放火が原因か

【台北時事】台湾南部の高雄市当局によると、14日未明に市内のビルで火災が発生し、住民ら46人が死亡、41人が負傷した。消防や警察が火災の原因を調べているが、台湾メディアは放火が原因と報じた。
高雄市やメディア報道によると、ビルは13階建てで、ほとんどの部屋が住宅として使われていた。1~6階部分が激しく燃え、7階以上では煙にまかれて死亡した人が多かった。ビルは築年数が約40年と古く、低所得者や高齢者が多く住んでいたという。

ジャンルで探す