4都府県の宣言延長へ 愛知・福岡も追加方針

米貿易赤字が最大=消費旺盛で輸入増―3月

【ワシントン時事】米商務省が4日発表した3月の貿易統計(国際収支ベース、季節調整済み)によると、モノとサービスを合わせた貿易赤字は前月比5.6%増の約744億ドル(8兆1000億円)となり、単月で過去最大となった。新型コロナウイルス危機に対応する追加経済対策法が成立。家庭への現金給付が消費意欲を押し上げ、輸入も最大だった。
輸入が6.3%増の2744億7800万ドル。消費財や食料品が過去最高を記録した。
輸出は6.6%増の2000億3000万ドル。2月の寒波の反動でプラスに転じたが、世界的な半導体不足も影響し、コロナ危機前の水準を依然として下回っている。
3月の国・地域別のモノの赤字幅(通関ベース、季節調整前)は対中国が首位。メキシコ、ベトナムが続き、日本は4位だった。

ジャンルで探す