米テキサス州でも銃撃…1人死亡、6人負傷

 【ニューヨーク=平田雄介】米南部テキサス州ブライアンにある工業団地の飾り棚製作工場で8日、男が銃を発砲し、1人が死亡、5人が負傷した。男はその場から逃走し、追跡中の警察官を銃撃して1人に重傷を負わせたのち、捜査当局に拘束された。

 AP通信によると、男は工場の従業員で27歳。動機は分かっていない。工場で負傷した5人のうち2人は重体で病院へ搬送され、3人は重傷だが容体は安定しているという。

 7日には南部サウスカロライナ州ロックヒル近郊の医師宅で5人が死亡する銃撃事件があったばかり。この事件では、事件後に銃で自殺したプロフットボールNFLのフィリップ・アダムズ元選手が容疑者として浮上している。

 米国では銃による事件が相次ぎ、3月には南部ジョージア州でアジア系女性を含む8人、西部コロラド州で10人、西部カリフォルニア州では子供1人を含む4人がそれぞれ死亡した。

ジャンルで探す