どっちが有利!? ミサイル枯渇のロシアvs72時間で武器が輸入されるウクライナ

10月19日、ロシア軍がウクライナ西部の火力発電所を攻撃。同発電所は西部3州に電力を供給しており、今月10日にもミサイル4発の攻撃を受けたとされており、ロシア軍によるインフラへの攻撃が続いている。

ロシアとウクライナの軍事力の差から、誰もが早期決着と思っていた今回のウクライナ侵攻。しかし、このように長期戦にもつれ込んでいるのは、士気の高いウクライナ兵やアメリカの迅速な武器供与により、必ずしもロシアが勝利するとは言い難い戦況になってきているのは、誰の目から見ても明らかだ。

長期戦にもつれ込んだ結果、ロシア、ウクライナ両国はどういった環境で戦っているのだろうか。小川清史元陸将、伊藤俊幸元海将、小野田治元空将といった軍事のプロフェッショナルが防衛問題研究家の桜林美佐氏の司会のもと解説します。

※本記事は、インターネット番組「チャンネルくらら」での鼎談を書籍化した『陸・海・空 軍人によるウクライナ侵攻分析-日本の未来のために必要なこと-』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

供与決定からわずか72時間で武器が届く

桜林 ウクライナ側の砲兵の練度は高いと言われていますが……。

小川(陸) そうだと思います。これだけロシアの将官を戦死させていますからね。少将以上の戦死者の多さはかつてなかった、とアメリカが断言しているくらいですから。

伊藤(海) これって特殊部隊の仕事じゃないんですか? だいたい狙撃ですよね?

小川(陸) そうですね。狙撃兵も敵がどこに来るか、ある程度わかっていて、3日とか1週間ずっと気配を消して待ち伏せしていますからね。2人1組で、1人が気象を読んで観測をする。そんなに何発も撃てませんから。

伊藤(海) 前線で、倒れて、死んだふりをして待っているんですよ。

桜林 第二次世界大戦で活躍した狙撃兵を主人公とした『スターリングラード』という映画でも、そういう場面がありましたね。

▲狙撃兵によってロシアは将官を戦死させられている イメージ:zabelin / PIXTA

伊藤(海) まさに独ソ戦のときですよね。今とは逆に、当時はソ連兵がそれをやっていた。

小川(陸) ロシア軍にとっては、狙撃による被害に加え、パルチザンのように内側に入られてウクライナ側に情報を取られるという、まさに独ソ戦の逆バージョンですね。

伊藤(海) ウクライナの人はロシア語ペラペラだけど、ロシア人はウクライナ語をしゃべれないから、ウクライナ兵はいくらでも入り込める。

桜林 なるほど。あと、先ほど小野田さんがおっしゃっていたように、アメリカは武器供与の際に、ウクライナ兵士たちにかなり訓練を積ませて、育成しているそうですね。

小野田(空) はい。訓練はパッケージになっていて、1ラウンド目はすでに終了しています。榴弾砲でだいたい6日間のトレーニング、それから「M113装甲兵員輸送車」が5日間ぐらいだそうです。防空レーダーも1週間くらいで習得できるようになる。

そういうレベルに達するまでウクライナの国外で訓練をして、ウクライナ国内に戻していく形になっているようですね。アメリカに言わせると「在庫さえあれば、装備品の供与を決めてから、72時間で現地に届ける」とのことです。

レンドリース法は、まさにその武器供与のスピードアップのための法律ですから。72時間で現地に届けてしまう輸送力というのは、さすがアメリカです。それを見てプーチン大統領も焦っているということが言えるのではないでしょうか。

ロシアのミサイルが枯渇する日は近い!?

桜林 アメリカの国防省関係者によると、ロシア空軍の24時間の出撃数が300弱で安定しているということです。それから、どうも精密誘導弾が不足しているという話もあるようですね。

小野田(空) 国防総省は日によって違うけれども、200から300出撃程度だという話をしていますね。実は3月10日の時点で、ロシア空軍は200出撃ぐらいなので、だいたいコンスタントな数字です。

ただ、ロシア国内から離着陸しているし、ウクライナ領空内に侵入しないスタンドオフ攻撃の数も多く、非常に慎重な攻撃の態勢を取っていると言えます。

それから、精密誘導ミサイルについては、公式のコメントは出ていませんが、もしかすると撃ち尽くしつつある可能性があります。

アメリカ国防総省の会見では、5月2日にはロシアはすでに2125発以上撃っていると発表しました。彼らは発射数をカウントしていましたが、2日以後は公表していません。記者に理由を聞かれても、発射のカウントにあまり意味がなくなったからだと、その理由をきちんと答えない(笑)。

発表しないのは、枯渇にかなり近いとみている可能性があるからかもしれません。2125発という数が、在庫として多いのか少ないのかは判断が難しいと思います。

ただ、オデッサやキエフに散発的にミサイル攻撃がなされたという報道があります。あれはロシアの領空内からTu-95やTu-160という、いわゆる軍管区に所属しない戦略爆撃部隊の航空機を使って攻撃していると思われます。

▲エンゲリス空軍基地から離陸するTu-95MS 出典:Marina Lystseva / Wikimedia Commons

それらの長距離戦略爆撃機は、かなりの数の巡航ミサイルを搭載できます。つまり、軍管区が活動している作戦とは別次元の作戦が、参謀本部から指示されている。それを戦略爆撃のつもりでやっているのか、あるいはウクライナにある輸送拠点や工場といったものを戦略目標にしているのかは不明ですが、ドネツク・ルガンスクの前線への近接航空支援と同時に、そういった戦略目標に対する攻撃は継続しているということです。

だから、この種の攻撃が止まった時点でおそらく本当にミサイルが枯渇していることになるのだと思います。ただアメリカ政府もイギリス政府も、そろそろ枯渇しそうだという情報を出しています。

▲MAKS 2007航空ショーにて離陸するTu-160 出典:Sergey Krivchikov / Wikimedia Commons

伊藤(海) ウクライナの中央部にある鉄道も5か所ぐらいが空襲を受けているのですが、もうすぐ復旧できるという話ですからね。

桜林 だんだんロシアのミサイルがなくなっていることが、ウクライナ側にもわかってきたということですね。

小野田(空) じつはロシアの精密誘導ミサイルは、目標に正確に当たっていないといいます。だから「非精密誘導ミサイル」ですね(笑)。

ロシアはすでに極東に対する計画を作っている!?

桜林 それから5月6日、ロシアの国防省は、日本海の海域で太平洋艦隊が対潜水艦システム「オトベト」のミサイル発射演習を行ったと発表しましたが、伊藤さん、この動きについてはどうでしょうか?

伊藤(海) ああ、小型のコルベット艦ですからね(笑)。いずれにせよ、ウクライナへの侵攻は、ロシアにとって「戦争」ではなく「特別軍事作戦」にすぎず、極東の海軍は何もやってないので、通常通り極東でもプレゼンスを示せということなんでしょう。日本や西側に対して「北方領土や北海道は大丈夫なのか」と牽制しているのです。

桜林 私みたいに「今こそ北方領土を取り戻すチャンスだ」と言い出す人間が増えたら困るから、牽制しておけということかもしれないですね(笑)。

伊藤(海) たぶん、もう極東に対する計画も作ってあるんだと思います。あらためて極東もやってやるぞ、という。うまくいけば、中国とまた協同訓練をやって、力を見せつけようとするのでしょう。

桜林 今後もこうしたロシアの動きはあるかもしれないということですね。

伊藤(海) あると思います。

桜林 極東の動きにも私たちは注視していく必要がありますね。


〇チャンネルくららでも絶賛配信中!

ジャンルで探す