予測されたアメリカ不正選挙を後押しした新型コロナの流行

2020年のアメリカ大統領選挙を振り返ってみると、健全な民主主義国家の選挙だったと言えるのだろうか。元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏と前ロンドン支局長の岡部伸氏が、近現代史やインテリジェンスを交え真実の世界の姿を炙り出す。

※本記事は、馬渕睦夫×岡部伸:著『新・日英同盟と脱中国 新たな希望』(ワニブックス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

2020年アメリカ大統領選挙は世界史的な大事件

馬渕 2020年のアメリカ大統領選挙を、世界史的な視野で振り返ってみた場合、私は大きなポイントがいくつかあると思っています。

1つ目のポイントは、ロシア革命との類似点です。

▲革命殉教者の記念碑 出典:PIXTA

ロシア革命はご存じの通り、1917年にロシア帝国を崩壊に導いた革命で、少数派のボリシェヴィキ(ウラジーミル・レーニンが率いたソビエト共産党の前身)が、当時の政権(アレクサンドル・ケレンスキーを首班とする臨時政府)を武力で倒したクーデターです。今回のアメリカの大統領選で行われていたことは、それと同じなんですね。

つまり、本来なら選挙で大敗していたはずの少数派のバイデン陣営が、不正選挙という手段を使って、合法的で正当なトランプ政権を潰したというわけです。

トランプは前々から、自らの勝利を確信していながらも、最後は「法廷闘争になるだろう」と明言していました。大規模な不正が行われることを、あらかじめ見越していたのです。

▲ドナルド・トランプ前大統領 出典:ウィキメディア・コモンズ

岡部 トランプ陣営にとって痛かったのはやはり郵便投票でした。一夜にして、ウィスコンシン州とミシガン州のバイデン票が、数十万単位で増えましたからね。

馬渕 常識的に考えてあり得ないですよ。一方、フロリダ州の郵便投票は11月3日までに開票集計したので、数字を上乗せすることはできなかった。いわゆる激戦州の郵便投票が、なぜ「不正」なのかといえば、3日以降の投票まで認めているためです。しかも、消印や署名が無くても票として認定されています。

そうすると、たとえばミシガン州でトランプが30万票の差をつけていたら、3日以降、30万強を郵便投票で上乗せすればいいことになります。トランプ票の動きを見ながら、民主党側が勝つための不法上乗せに動いたのです。しかも、郵便投票にトランプの名前がまったくなくて、投票用紙の一束すべてがバイデンの名前なんてことがあり得るでしょうか。魔訶不思議としか言いようがありません。

岡部 そもそもルールづくりが杜撰でした。死亡者や引っ越しで住民不在の家庭にまで、投票用紙が届いていたと聞いています。しかも、本人確認の方法も曖昧でした。郵便投票は不正のリスクがあると、ずっと言われていましたが、民主党側からすると、郵便投票をしなければ選挙に勝てないのはわかっていたのではないでしょうか。

馬渕 だからこそ、民主党寄りの大手メディアが一丸となって、郵便投票を推し進めたのです。

岡部 それを後押ししたのが、新型コロナウイルスの流行ですよね。トランプ陣営は、不正の温床になるとわかっていながらも、今回ばかりは郵便投票の拡大を認めざるを得ませんでした。何よりトランプ自身が新型コロナに感染したから、郵便投票の流れを押しとどめることができなかった。その時点で、トランプの再選に黄信号が灯ったわけです。

▲ジョー・バイデン現大統領 出典:ウィキメディア・コモンズ

ケネディ暗殺も国家ぐるみの犯罪だった

馬渕 いずれにせよ、負けた方が勝った方を引きずり下ろすという意味で、あれはクーデターだったと言えます。ロシア革命と今回の大統領選挙は、そうした類似点があるんですね。

続いて、2つ目のポイントは、ケネディ暗殺です。

▲ダラスに到着直後のケネディ大統領夫妻(1963年11月22日) 出典:ウィキメディア・コモンズ

これまでメディアは、1963年11月22日に起こったジョン・F・ケネディ大統領暗殺事件を、リー・ハーヴェイ・オズワルドの単独犯だと我々に信じ込まそうとしてきました。でも、今やそれを信じる人はほとんどいません。誰もいないと言ってもいいぐらいですね。

事件の直後には、当時の連邦最高裁判所長官のアール・ウォーレンを委員長とする調査委員会が作られて真相を調べたわけですが、そのウォーレン報告書はまだ封印されたままです。

岡部 2039年に公表予定ですよね。

馬渕 はい。ケネディ暗殺に関しては、今までいろんな人が研究していますし、私自身も調べてみましたが、結局これは、アメリカのCIAとFBIが関わっているんです。そもそも、大統領を暗殺するなんていう大それたことは、情報機関や治安当局が関与していないとできません。

これは公表されている映像ですけど、ケネディ大統領が撃たれた時、銃弾は一方向だけじゃなくて、複数の方向からきています。最初は後ろから撃たれて、次は前から撃たれている。後ろから撃ったと証言しているオズワルドが突然、前にきて撃てるはずがないわけですよ。そんなことわかりきっているのに、いまだ主要メディアも含めて、ごまかしているわけですね。

▲最初の銃弾が命中し喉を押さえるケネディ大統領 出典:ウィキメディア・コモンズ(ザプルーダー・フィルムより)

まだ我々は真実を知らないんですが、いずれにしてもCIAやFBI、それから警察も絡んでいることは間違いないと思います。その証拠に、オズワルドは警察に逮捕されたあと、警察署内で暗殺されているんですよ。しかも“銃弾”で。そんなことは普通は起こりません。ということは、警察も“グル”だったということです。

▲赤線がケネディ大統領パレードの経路 出典:ウィキメディア・コモンズ

これだけの「国家ぐるみの犯罪」ができるわけですから、今回の大統領選挙でも、情報機関のCIAや捜査機関のFBI、その元締めの司法省、あるいは警察などの治安機関も一部関係していると思われます。それらが絡まないとできないことなんです。

だからそういう意味で、まさに「国家ぐるみの犯罪」であるという点において、今回の大統領選挙とケネディ暗殺には、類似点があるわけです。

トランプ大統領は勝敗もさることながら、合法な投票による選挙結果にこだわっているわけです。不法投票で大統領が当選する事態になれば、それこそ米国民主主義の終焉ですから。

岡部 ウィスコンシン州・ミシガン州・ペンシルベニア州・ジョージア州などは、州選挙管理委員会は民主党系が牛耳っていました。共和党関係者は監視のために開票作業場に入室することを禁じられたという話もありましたね。まるでソ連崩壊直後の1990年代に駐在したロシアの選挙のようです(笑)。健全な民主主義国家の選挙とは、到底言えない気がしました。

馬渕 米国の民主主義は幻想にすぎなかったことが、今回の選挙で白日のもとにさらされたのです。

ジャンルで探す