沖縄への緊急事態宣言 7月11日まで延長

韓国映画『パラサイト』の“あの歌”は「竹島問題」と関係していた

日本と韓国の「竹島問題」に長年取り組む竹島研究会の下條正男氏が、いったいどこに問題があるのか、解決しないポイントはどこなのかを、これまでの経緯や双方の主張を紹介しながらわかりやすく解説する。

※本記事は、下條正男:著『竹島VS独島 -日本人が知らない「竹島問題」の核心-』(ワニ・プラス:刊)より一部を抜粋編集したものです。

「独島はわが領土」の替え歌

2019年、日本でも話題となり、日本国内の興行収入45億円超、観客動員100万人超を達成した韓国映画『パラサイト 半地下の家族』。米・アカデミー賞では外国語映画として初めて作品賞に選ばれ、計4賞を獲得するなど高く評価された作品だ。

この映画のなかで、主人公一家の長女がエリート女性・ジェシカになりすますため、ニセのプロフィールを歌に乗せて暗記する場面がある。映画ファンから「ジェシカソング」と呼ばれるこの歌は、韓国では有名なある歌のフシに歌詞を乗せた「替え歌」である。

その元歌とは『独島はわが領土』だ。1982年、コメディアンのチョン・グァンテが歌ってヒットし、90年代には韓国の小学校の教科書に載るまでになった。韓国でこの歌を知らない人はいない、そういっても過言ではないほど国民に浸透している。

「独島」とは「竹島」の韓国名である。『独島はわが領土』の歌詞には、独島、つまり日本領である竹島を“韓国領である”とする韓国側の言い分に沿って、島の基本的な情報や韓国側の主張する「歴史的根拠」が盛り込まれている。

挙げている歴史的根拠は間違った解釈によるものだが、韓国人の多くはこの歌を“歴史的に正しいもの”として認識しており、誰もがそらんずることができる。映画内でパロディとして口ずさむだけで「あの歌だ」とわかるほどなのだ。もちろん、韓国人のほとんどはメロディだけでなく歌詞も暗記している。

  1.  鬱陵島東南、船で200里/寂しい島ひとつ、鳥のふるさと/誰が何といおうが、独島はわれらの地
  2. 慶尚北道鬱陵郡南面島洞1番地/東経132、北緯37、平均気温12度、降水量1300ミリ/独島はわれらの地
  3. イカ、イイダコ、タラ、メンタイ、カメ/サケの子、水鳥の卵、海女の小屋/17万平方メートル、井戸ひとつに噴火口/独島はわれらの地
  4. 智證王13年、島国・于山国/世宗実録・地理志50ページ3行目/ハワイは米国の地、 対馬島は日本の地/独島はわれらの地
  5. 露日戦争直後、主無き島と/勝手に言っては困ります/新羅将軍・異斯夫、地下で笑っている/独島はわれらの地
  6. 鬱陵島東南、船で200里/寂しい島ひとつ、鳥のふるさと/誰が何と言おうが、独島はわれらの地

アカデミー賞受賞後、ポン・ジュノ監督や出演者たちは大統領府に招かれ、文在寅大統 領夫妻との昼食会に参加した。その席で、こんなやり取りがあったという。

文大統領「ジェシカソングのメロディや歌詞は誰が決めたのですか?」
俳優パク・ソダム「監督が……」
ポン・ジュノ監督「日本の観客も歌っているそうですよ」(一同大爆笑)

FNNプライムオンライン(2020年2月21日)

映画を鑑賞し、高く評価した日本人も多かったことを思えば、このやりとりは笑いごとでは済まないだろう。「元歌は『独島はわが領土』なのに、日本人は気づきもせず歌っている」と笑われているのだから。

▲『パラサイト 半地下の家族』

韓国にとって植民地侵略による最初の犠牲地

竹島問題が発生したのは、日韓の国交正常化交渉が本格化する直前の1952年1月18 日、韓国政府が公海上に「李承晩ライン」(韓国では「平和線」と呼ぶ)を一方的に宣言したことが発端だ。敗戦国である日本が国際社会に復帰する1952年4月28日を前に、その間隙を突いた暴挙だった。

1905年に日本領に編入されていた竹島を、韓国は一方的に設定した李承晩ラインによ って韓国領側に属するとしてしまった。これは、なんら国際法的な正当性がないにもかかわらず、韓国がそれをもって竹島の領有権を主張したことから、日韓間の領土問題が始まったのである。

▲日本と韓国が領有を争う竹島 出典:ウィキメディア・コモンズ

この主張自体が「反正」現象の一つである。植民地統治をした日本に対し、韓国政府が “過去の清算”を求めたために起きたからだ。韓国側の主張では、竹島の日本領への編入は“朝鮮半島への侵略”の端緒であり“独島はその最初の犠牲地”であるとしている。

韓国にとって独島は“日本の植民地統治”の象徴であり、取り返すのは当然、というわけだ。以降、独島は韓国にとって「独立の象徴」であり「民族の聖地」と化したのである。

1953年12月に、韓国政府は「漁業資源保護法」を制定。李承晩ラインを超えて操業する日本漁船を拿捕抑留する法的根拠とするため、一方的に定めたものだ。

その後、韓国政府は竹島を武力によって占拠すると、海洋警察を駐在させ、日韓国交正常化が成る1965年までに日本漁船328隻を拿捕し、3929名の漁船員を抑留して、うち44名が死傷した。その損害額は90億3100万円といわれている。

こうした韓国側の動きに対し、日本政府は1954年9月25日に、竹島問題を国際司法裁判所に付託するよう韓国政府に提案したが、韓国政府は10月28日、次のような覚書を日本政府に送り付けて提案を拒絶した。

  • 独島は太古の時代より韓国の領土であり、今も韓国の領土である
  • 紛争を国際司法裁判所に付託しようとする日本政府の提案は、司法的な仮装による虚偽の主張をするもう一つの企図にすぎない
  • 独島は日本の侵略の犠牲となった最初の領土である

“独島が太古の昔から韓国の領土”であった根拠はない。韓国が挙げている根拠は、ことごとく反論されている。

また“日本の侵略の犠牲となった最初の領土”とはどのような意味かと言えば、1905年の明治政府による竹島領土編入を、1910年の日韓併合に結び付け“独島は半島に先駆けて「侵略」された地である“としたことに基づく。

むろん、竹島の領土編入と日韓併合とは全く無関係なのだが、韓国はこの2つを一連のものと見なす論理を創り上げ、“独島も侵略された地”で韓国の武力占拠は侵略されたものを取り返しただけとして、自らの侵略行為を正当化しようとしたのである。まさに「反正」 的指向の表れと言えるだろう。

国内からの注目度が一変した「竹島の日」

韓国による竹島の不法占拠以来、日本は島の領有ができないどころか、周辺水域での漁業にも支障をきたしていた。そのため、竹島の地元である島根県は、日本政府に対し積極的に領土問題の解消を求め、平和的・外交的手段による解決を強く訴えてもきた。

その島根県が「竹島の日」条例を制定して、領土権の確立を求めることになったのは、1994年に国連の海洋法条約が発効し、98年末に新たな「日韓漁業協定」が結ばれたからである。

だが、この日韓漁業協定は、日本そして島根の漁業にとってはマイナスでしかなかった。日本海の好漁場である大和堆が共同管理水域に含まれたうえ、日本漁船は竹島の周囲12カイリ内で漁労活動ができなかったからだ。 そのため、数年とたたないうちに韓国漁船による違法操業が行われ、大和堆は「乱獲の海」と化してしまった。

しかも韓国政府は、1996年2月に竹島に接岸施設の建設を始めると発表。竹島占拠の 強化と国連の海洋法条約の発効により、排他的経済水域の基点にしようとしていることは明らかだった。

このとき、日本政府は韓国側に抗議したが、反発が強まると1998年、竹島問題を棚上げ して「日韓漁業協定」を結び、竹島周辺に暫定水域が制定されたのである。つまり、日本政府は表向き、韓国による「竹島占拠」を強める動きに抗議はしたものの、結局は漁業協定を結び、さらには日本の漁船は竹島に近づけず、大和堆では経済的に大打撃を受けることになったのである。

それにもかかわらず、日本では政官民全体で竹島問題に対する関心が薄く、風化の一途をたどりつつあった。「日韓関係」のなかでも、竹島問題が全国的にホットな話題となる昨今とは、全く状況は違っていたのである。

1965年の日韓国交正常化以降、漁業権の問題以外ではほとんど論じられることはな く、忘れられた存在だった竹島問題への注目度が一変したのは、2005年、島根県が「竹島の日」条例を制定してからのことなのだ。

▲竹島の返還を要求する看板 出典:ウィキメディア・コモンズ

ジャンルで探す