ウクライナ国防副大臣が辞任 食料品購入巡る疑惑も当局「根拠なし」

ウクライナ中部ドニプロペトロウスク州の州都ドニプロで2023年1月14日、ロシア軍のミサイルが直撃した集合住宅から住民らを救出しようと、がれきを取り除く救助隊員=AP

 ウクライナ国防省は24日、シャポワロウ副大臣から提出された辞表を受理したと発表した。同省によると、シャポワロウ氏はウクライナ軍の兵站(へいたん)を担当していたという。

 地元メディア「ウクライナ・プラウダ」などによると、シャポワロウ氏は、軍用の食料品を高額で購入するといった疑惑が報じられていたという。

 国防省は発表で、「告発には根拠がない」と指摘し、疑惑であることを強調した。「シャポワロウ氏が辞任を求めたのは、食料購入に関係する告発で、ウクライナ軍に対する安定供給に支障が出ないようにするためだ」と説明。疑惑段階での辞任表明は「欧州民主主義政治の伝統にふさわしい行動だ」としてかばった。

ジャンルで探す